ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-585

カメラ視点と音響効果で表現したCG作品『Lifeline』

ある大都市で男から助けを求める電話が。煙が充満したアパートに消防士が駆けつけますが...。
時間が止まった空間を動くカメラの視点と、数分前からの音響効果で状況が明かされていくCG作品『Lifeline』です。
0585-01.jpg
■ Lifeline

映画のワンシーンような表現方法がおもしろいです。

フランス、パリのアートスクール Arts et Technologies de l'Image (ATI) の学生さんの Emily AGUILAR さん、Corentin BACHELET さん、Céline MOUGEL さん、Ivan MERSIC さんの4人が3週間課題で作られたそうです。
Maya と Nuke を使用しているようです。
サウンドデザインは Rémy Sohier さんです。

数週間前に別の方が公開されていたのは音楽が付いていただけだったのですが、今回音響効果が加わり状況がわかり易く臨場感が出てました。
サウンドデザインってすごく大事だなぁと改めて思った作品です。

▼▼ 他にもこんなエントリーはどうでしょうか?? ▼▼

アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。