ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-56

レトロフューチャーなPC『Philco PC』

0056-0.jpg これは SchultzeWORKS という、David Schultze さんという方が1998年に設立し、カリフォルニアに拠点を置くデザイン会社によって作られた『Philco PC』というPCのコンセプトデザインです。

とってもかっこいいです。
56-01.jpg

56-06.jpg 本体は1950年代に Richard Whipple さんと Severin Jonassen さんにデザインされた人気テレビ『 Philco Predicta 』の、プリンセスモデルにインスパイアされてデザインしたそうです。(Philco はその後、経営が傾き、Ford の傘下 Philco Ford から商品を出していました。)

なので名前が『 Philico PC 』です。

本体カラーは Schultze さんがオレンジと黒とクロームの組み合わせが好きだからだそうです。またあえてAppleのカラー配色や素材をを避けたそうです。
色も素材もクラシックカーのような感じでかっこいいですよね。
56-03.jpg

キーボードやマウスはアンティークなタイプライターやスチームパンクなガジェットたちにインスパイアされたそうです。サイドボタンもありますね。
表面は透明プレートですが、中の黒い部分にマウスとおそろいで、ボーダーが入っているのがまたかっこいいです。 56-05.jpg

正面から向かって左側のボタンが電源とリセットで、右側のチャンネルはボリューム調節です。チャンネル型っていうところがまた素敵です。
56-02.jpg
ディスプレイにこの作品のモデリングのワイヤーフレーム画面が出てます。
でもディスプレイがこの形だと、スタートメニューのタグなどが表示されなくなってしまいますね。もし実際に商品化するとしたら、画面内はスクエアになるのでしょうか。それはもったいないですね。

56-04.jpg スリット部分が光っていてディスクを出し入れ出来ます。
デザインと一体化していて、とてもかっこいいですね。
インサートしてるディスクは GORILLAZ の Demon Days になってますw。

現在、商品化をしてくれるPC会社を募集してるようです。だから Windows なのかな。
ぜひ商品化して欲しいですね。

▼ この作品のプロモーションビデオが見られます。


SchultzeWORKS のサイトはこちらから。
SchultzeWORKS
こちらで大きい画像が見れます。ダウンロードも出来ます。
flickr - Philco PC


上の作品とは関係ないのですが、このキーボードを見て思い浮かんだので。
いろいろなモノをスチームパンクに改造するすごい人 Richard "Doc" Nagy さんが作ったキーボードもアンティークタイプライターっぽいです。しかも本物で使用出来ますよ。
56-07.jpg
この写真の詳細はこちらから。
DATAMANCER.NET

▼▼ 他にもこんなエントリーはどうでしょうか?? ▼▼

アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。