ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-357

Wi-Fi電波が描くライトペインティング

0357-00.jpg Wi-Fi を可視化させたライトペインティング『Immaterials: Light painting WiFi』です。
長さ4mもある棒に80個の点滅するライトが付いた、Wi-Fi の電波強度を測定する装置を作り、それを持って歩いているところを長時間露光で撮影したそうです。
特定の Wi-Fi ネットワークの RSSI (受信信号の強度を測る信号) に反応して、光の高さが変化するそうです。その光が電波の断面を描いていきます。
電波の断面が光のカーテンやフェンスのようになっていて綺麗な作品です。
■ Immaterials: Light painting WiFi

雪が積もっているのもポイントですね。光が反射して綺麗です。
谷間になってるところもありますね。綺麗だけど電波だらけなんだなーとあらためて思う。

このプロジェクトはネットワーク化された都市の見えない現象を調査する Touch プロジェクトというものの一環で、その分野の研究やデザイナーなどをされている Timo Arnall さん、Jørn Knutsen さん、Einar Sneve Martinussen さんたちが、研究発表に使うために制作したそうです。

詳細はブログにあります。
Immaterials: light painting WiFi [Touch]
frickr で写真も見れます。
Immaterials: Light painting WiFi [frickr]

この作品には前身となるのがあって、こちらも Touch プロジェクトだそうです。RFID (無線チップによる自動認識システム) の空間特性を調査するために制作したそうです。
同様に反応する光を使い長時間露光で撮影されています。
■ Immaterials: the ghost in the field

▼▼ 他にもこんなエントリーはどうでしょうか?? ▼▼

アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。