ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-326

ホラーゲームのような不気味なマリオの悲哀な短編アニメ

0326-0.jpg 任天堂のキャラクターのマリオとその生みの親である宮本 茂氏の、悲しいお話しの短編アニメ『Nintendo : A Sad Story』です。
ホラーゲームのような不気味さが漂い、荒んでしまったマリオがコワいですが、悲しい結末のアニメーションです。
アニメーションを作られたのは Graham Young (グレアム・ヤング) さんです。
家族的で爽やかなイメージの任天堂とは正反対な、コナミの人気ホラーゲーム「サイレントヒル」と融合させたような、不気味だけど物悲しい作品です。

Nintendo : A Sad Story

Nintendo : A Sad Story [YouTube]

ピーチ姫も大変なことになってます。お面の人物は、雄弁な、アメリカの任天堂の最高執行責任者 (COO) のレジナルド・フィサメィ氏です。
Wii や DS がヒットし、すっかりグローバルな"企業"となった任天堂をシニカルに描いた作品といった感じなのかな。

使用されている曲は YouTube ユーザーの Thelshter さんがピアノでアレンジされた「サイレントヒル」のサントラの曲です。

制作者のグレアム・ヤングさんの詳細はわかりませんが、イギリスの毒物を使用した大量殺人犯と同じ名前なので、本名ではなくそこから取ったのかもしれません。

▼▼ 他にもこんなエントリーはどうでしょうか?? ▼▼

アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。