ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-255

妖術使いの不気味なアニメーション『怪哉』

0255-0.jpg 中国のSEEN 工作室が制作した短編アニメーション『怪哉』(Oddly) です。
中国の古典的な怪談小説のお話しをもとに作られたそうです。

全体的に漂う独特の雰囲気が何とも言えない、女の子が不気味かわいいアニメーションです。
HD再生で埋め込みましたが、もし読み込みが遅いようだったら、右下の720pのところをクリックして480pに変えてみてください。
怪哉』(Oddly) です。

表情がいいですね。目かな。アイラインばっちりの。
テクスチャをいい感じに使っているので、絵がのっぺりしなくなって、雰囲気が出てます。

妖術使いは桶に浮かぶ紙で作った船で旅に出ていましたが、娘がそれをかき回してしまい船が沈んだので帰って来ました。
妖術使いは、船が沈んだのは弟子がかき回したせいだと弟子を怒ります。
また弟子が妖術使いの妻と浮気をしていることに激怒し、妖術使いを豚に変えてしまいました。
といった感じのお話しです。

大活字版 ザ・聊斎志異―聊斎志異全訳全一冊 (グラスレス眼鏡無用) [大活字版] ザ・聊斎志異
~聊斎志異全訳全一冊

蒲 松齢
お話しのもとになっているのは、中国の清代の文人、蒲 松齢 (ほ しょうれい) の500話近くある短編小説集「聊斎志異」(りょうさいしい) の一話で「白蓮教」というお話しだそうです。(wikipedia:聊斎志異)

白蓮教 (びゃくれんきょう) は、中国に南宋代から清代まで存在した宗教だそうですが、仏教系の邪教だったそうで、教徒が妖術や呪術を使って反乱を起こしたりしてたそうです。 (wikipedia:白蓮教)
このアニメの妖術使いが陰陽師みたいな感じなので、ちょっと張角を思い浮かべましたw。(三国無双やりすぎw)

▼▼ 他にもこんなエントリーはどうでしょうか?? ▼▼

アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。