ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-238

回転しながら変形する美しい光の環『Light Drive』

0238-0.jpg サンフランシスコのアーティスト Kim Pimmel さんの映像作品『Light Drive』です。
ターンテーブルに光源を載せ、回転させて作られた美しい光の環を、長時間露出で写真に撮り、それらの写真をストップモーションムービーにされた、とても幻想的な映像です。
映画「Tron: Legacy」の曲に合わせて暗闇でくるくる光る環が本当に綺麗です。
Kim Pimmel さんの作品『Light Drive』です。

Sound: Tron Legacy trailers
最初にターンテーブルが出てくるので、本当にそのままターンテーブルが回転して光のオブジェを作り出してるみたいですね。写真を繋いでるように見えないです。とても綺麗です。
選曲もいいですね。合ってます。

こちらは『Shape & Sound』です。


Kim Pimmel さんはサンフランシスコを拠点に活動されている、写真家・UXデザイナーさんで、また DJ Spyhunter 名義でブレイクビーツやトランスのDJもされていて、VJも手掛ける”何でも屋”アーティストさんだそうです。

0238-1.jpg 光源はLED、冷陰極管ライト、ELワイヤー、レーザーなど他にもいろいろ使われてるそうです。装置は Technics 1200 の上に改造したスキャナを載せたもので、ステッピングモーターを動かすためにオープンソースハードウェア Arduino を bluetooth でリモートコントロールしてるそうです。
Arduino は気軽に作れるマイコンボードで、いろいろな電子デバイスを自由にコントロール出来るそうです。

ここから生み出された光のオブジェを、数秒から長くて20秒の露出時間で撮影されたそうです。これらの写真の多くは、8月に開催されたデザインとテクノロジーのイベント FITC San Francisco のVJギグのために撮られたそうです。

flickr で Kim Pimmel さんが撮られた幻想的な光の写真がいろいろ見れますよ。
Light Studies [flickr]

Kim Pimmel さんのサイトとブログです。
Kim Pimmel
kimpimmel.posterous.com

myspace の DJ Spyhunter さんのページです。
DJ Spyhunter [myspace]

▼▼ 他にもこんなエントリーはどうでしょうか?? ▼▼

アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。