ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/blog-entry-122

BAUHAUS デッサウ校舎でのプロジェクション

0122-0.jpg 昨年は BAUHAUS (バウハウス) 設立90周年でした。
その記念イベントで、デッサウ校舎で行なわれた URBAN SCREEN によるファサードプロジェクション『 KREISLOT 』です。
BAUHAUS に因んだデザインや、グロピウスやミース・ファン・デル・ローエの写真も投影されています。
デッサウ校舎のミニマルな外観とバルコニー部分を利用したプロジェクションです。
そんなに派手さはないですが、バウハウスっぽい感じですよ。


BAUHAUS は1919年にドイツに設立された美術と建築の芸術学校なのですが、1933年に閉校してしまいました。
講師は一流のアーティストたちで、学校としてはわずか14年間だったのですが、モダニズム建築や多くのアーティストに多大な影響を与えました。
1925年にドイツのデッサウに移転したのですが(1932年に閉鎖)、このデッサウ校舎は当時の校長でもあった建築家のヴァルター・グロピウスによって設計されました。

次の映像も URBAN SCREEN によるファサードプロジェクションです。
昨年5月にハンブルク市立美術館で行なわれた『 555 KUBIK 』です。
正方形で構成された建物の壁面を活かしたキュービックなプロジェクションです。

音響の効果もあって、キューブが動いて建物が変形しているようですね。
実際は建物の上に屋上みたいのがあって、ショートバージョンでは三角屋根の部屋が映ってたのですが、この映像では消されてます。
なのでより建物自体にキュービック感が出て、プロジェクションが引き立ってます。
『 How it would be, if a house was dreaming 』がコンセプトだそうです。
「家が夢見ているとしたらどんなだろう」って感じかな。

URBAN SCREEN のサイトはこちらです。他のプロジェクトも見れます。
URBAN SCREEN.com
vimeo のページはこちらです。
urbanscreen [vimeo]


▼▼ 他にもこんなエントリーはどうでしょうか?? ▼▼

アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓