ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

巨大なぬいぐるみのような生物が旅をする『not over』

広大な大自然の中をひたすら進み続ける巨大なぬいぐるみのような生物。この旅の目的は...。
0636-01.jpg
モフモフしたかわいい巨大生物と雄大な美しい景色に癒される、3DCGアニメーション作品『not over』です。
■ not over

かわいいです。無表情なのに感情が伝わってきます。
この子は全長30mでポコリンと言うそうです。

テレビCMの企画・制作を中心に手掛ける、日本の映像プロダクション、太陽企画のCGディレクター、早井 亨さんの作品です。
CGによる広大な景観を作成する事に的を絞った作品だそうです。
使用ソフト:3dsmax vray & vue xstream

早井さんの loftwork のページです。
早井亨 [loftwork]

切ないけど「not over till it's over」まだ終わってない、あきらめるなというラストが良いですね。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

車と自転車の短編アニメーション『Cruiser and Bella』

可愛い車の娘を街で見かけた自転車が、ナンパしようと車に近づきますが...。
0635-01.jpg
車と自転車の街を描いた3DCG短編アニメーション『Cruiser and Bella』です。
■ Cruiser and Bella Film Suva E (HD 1080p)

ピクサーっぽいけど表情豊かでおもしろいです。街並もかわいい。

制作はスイスのチューリッヒを拠点とする製作会社・アニメーションスタジオ boutiq です。
監督はこのスタジオの創設者の Mike Huber さんです。
道路での安全性について意識を高めるため、スイス傷害保険公社 SUVA (Schweizerische Unfallversicherungsanstalt) の依頼で制作されたそうです。

こちらはメイキング映像です。
■ The Making of "Cruiser and Bella"

boutiq のサイトです。
boutiq.ch

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

しおりが本の世界を体験する短編アニメ『Much Better Now』

ある日、本に挟まれていた"しおり"が風で飛ばされてしまいました。自分が挟まっていたのはサーフィンについての本でした...。
0634-01.jpg
ストップモーションとCGを合わせた、かわいいアニメーション作品『Much Better Now』です。
■ Much Better Now

かわいい。ラストもよいです。

ポルトガルのリスボンとオーストリアのウィーンにオフィスを構える映像制作スタジオ Salon Alpin の作品です。

こちらはメイキング映像です。
■ Much Better Now Short Making Of

Much Better Now のサイトです。
muchbetternow.net
Salon Alpin のサイトです。
salonalpin.net

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ビデオペインティングなグラフィティアート

ヨーロッパの都市を巡りながら壁に”映像”をペイントしていく、ライブビデオ・ペインティングな作品『Video Painting Europe』です。
0633-01.jpg
ペイントローラーに合わせて映像が"塗られ"ていくライブパフォーマンスが面白い作品です。
ドイツのベルリン、イギリスのロンドン、ブリストル、ハンガリーのベオグラード、フランスのパリを2週間以上かけて巡り、ベルリンの壁、パリのオテル・デ・ザンヴァリッド、ロンドンの Cordy House を含め、10ヵ所以上でパフォーマンスを行なったそうです。
この映像自体もカッコイイ作品です。
■ SWEATSHOPPE Video Painting Europe

フランス、パリ出身で現在アメリカ、ニューヨーク在住のアーティスト Bruno Levy さんと、プログラミングなどを手掛ける、アメリカ、ルイジアナ州出身の Blake Shaw さんのメディアアート・デュオ SWEATSHOPPE の作品です。

独自に開発されたシステムを使用しているそうです。
LEDで緑色に光る電子ペイントローラーの動きを、プロジェクターの横、または覆面の頭に設置されたiSightカメラで追跡し、その部分に映像が投影されていくそうです。
ペイントローラーは伸縮自在で5mまで伸びるそうです。

こちらは2009年の作品『The Landing』です。
ニューヨークのブルックリン、クイーンズ、マンハッタンで1週間かけて撮影されたそうです。
■ SWEATSHOPPE, The Landing

SWEATSHOPPE のサイトです。
sweatshoppe.org

ただ映像が現れるだけでなく、投影された映像が重ね塗られたり、消えたりするのがよいですね。歴史的建造物にも気軽にペイント出来るし。でも映像は別制作でローラーを動かしてるだけなので、通常のグラフィティとはまた違うジャンルですが、ライブパフォーマンスとしてとてもおもしろいです。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

タイポグラフィとストップモーションがかわいい『Educabilia』

音楽や写真、語学、学問、料理、ダンス、映画、アートなどなど、新しいことを始めたい人学びたい人、また教えたい人のための南米のコミュニティーサイト Educabilia.com のプロモーションムービー『Educabilia』です。
0632-01.jpg
いくつかの分野をタイポグラフィとストップモーション・アニメーションで表現されたかわいい作品です。
■ Educabilia

サウンドデザインもよいです。

ストップモーション、2D・3Dアニメーション、ライブアクションなどを手掛けられている、アルゼンチン、ブエノスアイレスのプロダクション GATO の作品です。
以前ご紹介した、ポップコーンを使ったストップモーション『Cinecartoon』を制作されたプロダクションです。

GATO のサイトです。
gatobuenosaires.com

Educabilia.com のサイトです。
educabilia.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

星空がとても美しいタイムラプス映像『Night Skies』

降り注ぐような星空が美しいタイムラプス映像『T-RECS - Night Skies』です。
0631-01.jpg
ところどころに星座や星の名前なども入ってたりします。
■ T-RECS - Night Skies

時々流れる流れ星がまた綺麗です。

ドイツのドレスデンを拠点に活動されている T-RECS (Timelapse Recordings) の作品です。休暇中にアメリカに旅行した時に撮影されたそうです。
撮影場所は、タイムラプス映像でよく登場するカリフォルニア州のヨセミテ国立公園や、同じくカリフォルニア州のデスバレー国立公園の、デスバレーを一望出来るビューポイントのダンテスビュー、インディアナ州のプリマスだそうです。

T-RECS のサイトです。
t-recs.org

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

看板が見守る中、街が出来る 油絵なアニメーションのMV

何も無い大地に道が出来、「売り出し中」の看板が立てられます。看板が見守る中、家が建ち街が作られ繁栄して行き、やがて...。
0630-01.jpg
街が出来て行く様子を油絵で描いたストップモーション・アニメーションが素敵なミュージックビデオ『Head Full of Doubt / Road Full of Promise』です。
■ Head Full of Doubt/Road Full of Promise

アメリカ、ノースカロライナ州コンコルドのインディーズバンド The Avett Brothers のミュージックビデオです。
バンジョーとギターを演奏する、Scott Avett さんと Seth Avett さんの兄弟と、(スタンドアップ)ベースを演奏する、Bob Crawford さんのスリーピースバンドです。

The Avett Brothers のサイトです。
theavettbrothers.com

制作は、絵画やアニメーションを手掛けるニューヨークのビジュアル·アーティスト、Jason Mitcham さんです。

こちらはメイキングビデオです。インタビュー形式ですが、壁に貼られたキャンバスに、少しずつ描いては撮影をされてます。
■ Making of "Head Full of Doubt/Road Full of Promise"

Jason Mitcham さんのサイトです。
jasonryanmitcham.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

透き通る少女たちが美しいアート作品『距離感主義』

先日、仙台在住のアーティスト、高松 和樹さんの個展『距離感主義 高松和樹展 〜不安カラ逃レル方法〜』を見に行って来ました。5月25日(金)〜6月16日(土)までギャラリー戸村さんで開催されています。
0629-01.jpg
△ 絡めとりにやって来ました。
この作品は100号 (1620 × 1303mm) というとても大きな作品でした。
吸い込まれるくらい丁寧に塗られた黒い背景に浮かぶ、透き通る少女たちがとても美しい作品でした。モチーフは地図の等高線のような階層になっていて、その階層をモノクロのグラデーションにすることで立体感や透明感を表現されています。

ベースとなる絵は3Dソフトや Photoshop などを使用して制作されているCG作品だそうです。モデリングは ZBrush を使用しているそうです。
このCG作品は主にサイトで公開されている画像や、印刷物に使用しているそうです。
展示・販売用の作品はこのCG作品を、ターポリンという運動会などのテントに使用されるの素材に野外用顔料溶剤で印刷し、アクリル絵の具で背景や色の層の境界線などを着色されているそうです。

こちらは今回の個展では展示されていませんが、高松さんの作品をいくつかです。
0629-02.jpg△ 新しい友達が出来たの♪ え〜!紹介してよ♪

0629-03.jpg
△ 草食系装飾図

0629-04.jpg
△ ある日の拾得物

0629-06.jpg
△ 植物擬態

0629-05.jpg
△ 今日も何かを想い、そして行動に移せぬままふわふわと

0629-07.jpg
△ 世の中自由すぎて
・All images: Copyright © Kazuki Takamatsu

高松さんのサイトです。他にもたくさん作品が公開されています。
kazukitakamatsu.web.fc2.com

個展は6月16日(土)までです。
会場では図録や、5作品のTシャツも販売されています。ストリートファッションブランド glamb とのコラボTシャツです。glamb のサイトではほぼ完売しているようです。また個展の会場で購入すると割引になるそうです。
私はコラボのために描き下ろしたという作品のTシャツを買っちゃいましたw
0629-08.jpg
距離感主義 高松和樹展 〜不安カラ逃レル方法〜
5月25日(金)〜6月16日(土)※日曜休 11:00~19:00(土曜 〜17:00)
東京都中央区京橋2-8-10 丸茶ビルB1
ギャラリー戸村
gallery-tomura.com


Player Piano
Memory Tapes

Amazon
また高松さんは、アメリカ、ニュージャージーを拠点に活動されているミュージシャン Dayve Hawk さんのソロプロジェクト Memory Tapes のアルバム「Player Piano」のジャケットを手掛けられています。
Memory Tapes はこのアルバムからのセカンドシングルで、今年2月に行なわれた第54回グラミー賞の短編ミュージックビデオ賞にノミネートされています。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

少女とキツネの短編アニメ『The Girl and the Fox』

未開の大自然の中で両親と暮らす9才の少女アイロナ (Ilona) 。ある日家畜の鳥が無惨な姿になっていました。近くには小さな足跡があり、森の中へと続いています。アイロナは森の中へ後を追って行きますが...。
0628-01.jpg
少女とキツネのハートフルな短編アニメーション作品『The Girl and the Fox』です。
■ The Girl and the Fox

キツネの登場シーンがよいです。

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスの フィルム/アニメーション/マルチメディア・プロダクション Base14 の作品です。
この作品は数々の賞を受賞されているそうです。

The Girl and the Fox のサイトです。
girlandthefox.com
Base14 のサイトです。
base14.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

音に合わせて食べ物がグシャッとなる実験的な映像『flatten』

透明なプレートで卵やスイーツ、お寿司などを潰した映像を、かわいい音楽に合わせて編集した実験的な作品『flatten』です。
0627-01.jpg
食べ物がグシャッと潰れたり元に戻ったりする、おもしろい作品です。
食事中の方はご注意ください。
■ flatten

なんかかわいいです。

オランダのユトレヒト芸術大学 (Utrecht School of the Arts: HKU (Hogeschool voor de Kunsten Utrecht)) のイメージ、メディア・テクノロジー学部の学生さんの Hugo de Kok さんと Kay van Vree さんの作品です。

こちらは Hugo de Kok さんの作品『360°』です。
学校の課題作品で、オランダのアーネム(アルンヘム)とユトレヒトの間を電車で往復しながら撮影された映像を加工しているそうです。
1つのスリットから出現し反対側に消えて行く、ぐるぐるまわる面白い作品です。
■ 360°

Hugo de Kok さんのサイトです。
hugoos.blogspot.com
Kay van Vree さんのサイトです。
kayvanvree.nl

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ティム・バートンのフィルモグラフィーアニメーション

ティム・バートン監督の作品(プロデュース作品含む)を、グラフィカルなアニメーションで描いた作品『Tim Burton - a filmography』です。
0626-01.jpg
タイポグラフィも綺麗で素敵な作品です。
以前ご紹介した、スタンリー・キューブリック監督のフィルモグラフィーアニメーションを作られた、フランス、リールのグラフィック/ウェブデザイナーの Martin Woutisseth さんの作品です。
■ Tim Burton - a filmography

とても綺麗でかっこいいですっ。素敵。

オリジナルのポスターや映画のシーンを参考にしておよそ3ヶ月掛けて作られたそうです。
先月公開されたダーク・シャドウは時間の都合上追加出来なかったそうです。デビュー作のヴィンセントと今年12月15日に公開されるフランケンウィニーは秘かに(?)登場してます。

Martin Woutisseth さんのサイトでは解説付きのシーンごとの画像のメイキングが見れます。
Tim Burton - a filmography [martinwoutisseth.com]

0626-02.jpg この作品はフランスの映画の配給や販売、共同製作などをされている機関 La cinematheque francaise が主催するティム・バートンの展覧会「Tim Burton - L’exposition」で行なわれているフィルムコンテストのために作られたそうです。
5月8日〜7月3日までのこの展覧会は様々なプログラムがあり、映像の上映や絵画の展示、グッズ販売などいろいろ行なわれているようです。

このコンテストの参加作品は Dailymotion 上で公開され一般投票されてます。
リンク先の動画の左下のボタン「票」をクリックすると投票できます。他の参加作品もたくさん見れるのでおもしろいですよ。
Concours d'animation Tim Burton / Tim Burton - a filmography [Dailymotion]

最近タイトルにティム・バートンと付いてたり、ティム・バートンを意識した動画をよく見かけてたのですが、フランスの方が多かったし、皆さんきっとこれのために作ってたんですね。
以前ご紹介したティム・バートンへのオマージュなチョコケーキの回転アニメグランジ感が素敵な短編アニメ『CALVAIRE FRUITE』も参加されてました。

Martin Woutisseth さんのサイトです。北野武監督作品のグラフィックデザインも素敵です。
martinwoutisseth.com

今気付いたのですが、Martin Woutisseth さんのサイトの「Featured on」に前回の作品のしちごろくのリンクがっっ(☆o☆)汗

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ショパンに会いに墓地へ行く少女の3DCGアニメーション

多くの世界的な著名人が埋葬されていることで有名なフランスのパリ東部にあるペール・ラシェーズ墓地に、幽霊と対話出来る力を持つ少女がショパンに会いに行く3DCGアニメーション作品『The ghosts of Père Lachaise』です。
0625-01.jpg
こちらは5月16日〜27日まで開催されたカンヌ国際映画祭で公開されたパイロット版です。
■ The ghosts of Père Lachaise

本編は2013年から2014年の間に公開されるようです。
ショパンの他に、ジム・モリスン、オノレ・ド・バルザック、エディット・ピアフ、オスカー・ワイルド、モリエールのお墓も描かれてますが、タイトルが「ペール・ラシェーズの幽霊たち」だし本編には出て来るのかもしれませんね。おもしろそうです。

フランス、パリの3D・2D・SFXを手掛けるプロダクション ChezEddy と、同じくパリのプロダクション De films en aiguille の共同制作だそうです。
ChezEddy は以前ご紹介した、絵画を食べちゃう短編アニメーション『Dripped』も手掛けています。

ChezEddy のサイトです。
chezeddy.com
De films en aiguille のサイトです。
defilmsenaiguille.com
アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。