ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

くるくると開いて重なっていくアニメーションがかわいいMV

平面的に描かれたかわいいアニメーションが、ロール状の紙のように巻かれていて下から上へくるくると開きながら広がり、手前に重なりながら奥行きが出来て行きます。
0489-01.jpg
2010年にフジロック出演、今年2月にも来日した、アメリカ、ニューヨークのブルックリン出身のバンド MGMT が、イギリスのバンド BAUHAUS の曲をカヴァーしたミュージックビデオ『All We Ever Wanted Was Everything』です。
制作は、以前エントリーにした、Danger Beach のミュージックビデオ『Apache』を手掛けた、ニュージーランド、ウェリントンを拠点に活動されているアニメーションディレクター・デザイナー・イラストレーターの Ned Wenlock さんです。
■ MGMT - All We Ever Wanted Was Everything

この曲は、MGMT が監修したコンピレーション・アルバム「Late Night Tales - MGMT」に収録されています。

Late Night Tales - MGMT [解説付 /国内盤仕様] (BRALN26)
Late Night Tales - MGMT
[解説付 /国内盤仕様]
(2011/10/01)
V.A.、MGMT 他

Amazon

Late Night Tales(および Another Late Night)は2001年にスタートした人気のコンピレーション・アルバム・シリーズで、Fatboy Slim や Jamiroquai、The Cinematic Orchestra など毎回著名なアーティストが「深夜に聴きたい曲」をテーマに選曲し、またそのアーティスト自身によるカヴァー曲が1曲追加されている、ダウンテンポのコンピレーション・アルバムです。

現在25タイトル発売されていて、その他に今まで収録されたカヴァー曲を集めた「The Cover Versions」と映画のサウンドトラックを39曲も収録した「At The Movies」の2タイトルが特別盤として発売されています。

また、今年で10周年を記念して、この27枚をセットにした「The Decade Box」も発売されています。(Amazonではまだ取り扱ってないようです。)

BOX版には入ってないですが、実際はもう1タイトル、現代アーティストの David Shrigley さんが監修した、スポークン・ワードという歌詞を朗読する芸術的パフォーマンスで、いろいろな人が音楽をバックに朗読してるアルバムもあります。

Late Night Tales のサイトです。サイトでは各アルバムの一部試聴が出来ます。またジャケットに使用されているインテリアライトも販売されています。
latenighttales.co.uk

Ned Wenlock さんのサイトとブログです。
nedwenlock.com
oneedo.posterous.com

MGMT のサイトです。
www.whoismgmt.com

Late Night Tales - The Cover Versions [解説付 /国内盤仕様] (BRLNTC01)Late Night Tales
- The Cover Versions
[解説付 /国内盤仕様]
(2011/10/01)

Late Night Tales - At The Movies [解説付き国内盤] (BRLNTM001)Late Night Tales
- At The Movies
[解説付き国内盤]
(2010/09/04)

Amazon

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

シュルレアリスム絵画のような3DCGアニメーション

スローモーションのようにゆっくりと流れるアニメーションと不穏な旋律が、夢幻的な絵画を思わせる、シュルレアリスム(シュールレアリズム)絵画のような3DCGアニメーション作品『Still Life in a Circle』です。
0488-01.jpg
ポーランド出身で現在はドイツ、アウクスブルクを拠点にヨーロッパで活動されている、デザイナー・イラストレーター・ディレクターの Sebastian Onufszak さんの作品です。
■ Still Life in a Circle

この作品は、パッケージやグラフィックスの分野で使用する、高品質の板紙を製造しているメーカー Iggesund のプロジェクト「Black Box Project」のために作られたそうです。
このプロジェクトはデザイナーのためのデザインプロジェクトで、ギャラリー・イベントを行っており、昨年11月にパリで始まり、ロンドン、アムステルダム、ニューヨークと続き、そして今年11月15日にドイツのハンブルグで開かれたそうです。
各イベントにはメインでピックアップされているデザイナーさんがいるようで、今回のハンブルグのイベントでは Sebastian Onufszak さんだったようです。

Black Box Project のサイトです。
blackbox.iggesund.com

Dos
Dos
マイケル・ファケッシュ
(2007/08/04)

Amazon
こちらは Sebastian Onufszak さんと、ドイツ、デュッセルドルフを拠点に活動されているデジタル・アーティスト Heike Mauer さんの作品です。

ドイツの エレクトロニカ・IDM(インテリジェント・ダンス・ミュージック)系アーティスト Michael Fakesch さん(解散した Funkstörung の元メンバー)のアルバム「Dos」に収録されている曲『Don't Stop』のショート・ミュージックビデオです。
同アルバムのビデオ・プロジェクトDVD「VIDOS」のために作られたそうです。
■ Michael Fakesch - Don't Stop

一つめの作品「Still Life in a Circle」でも Heike Mauer さんはコンポジッティング、Michael Fakesch さんはサウンド・デザインで参加されています。

Sebastian Onufszak さんのサイトです。現在工事中のようです。
sebastianonufszak.com
Heike Mauer さんのサイトです。
heikemauer.de
Michael Fakesch さんのサイトです。
michaelfakesch.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ミクストメディアなショートフィルム『FRAMES』

自分がいる世界に異変を感じた主人公が異なる世界に迷い込んでしまいます。
0487-01.jpg
ピクシレーション(人をコマ撮り)、ストップモーション・アニメーション、グリーンスクリーン合成、コラージュ、実写など、様々な手法を使ったミクストメディアなショートフィルム『FRAMES』です。
■ FRAMES

1回目のエンドにだまされてしまった...;個人的にはテレビの中の実写シーンよりも前半や後半のような、2次元と3次元が入り交じってる感じがいいです。

映像・デザイン・アニメーション・写真など、様々な分野で活動されているアーティスト Martin Thoburn さんと Matti Adoma さんの作品です。

FRAMES のサイトです。
frames-film.info
Martin Thoburn さんのサイトです。
martin-thoburn.com
Matti Adoma さんのサイトです。
loomcreativepractice.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ぼっちじゃないよ - キュートなアニメーション『The Loner』

ポップな色彩の、まるっこいキャラクターとアイソメトリック図で描かれた部屋や街が、ゲームやレゴブロックみたいでとってもかわいいアニメーション作品『The Loner』です。
0486-01.jpg
かわいい中にもちょっとブラックユーモアが混じってたりして、くすっと笑ってほんわかするような切ないような作品です。
詳しいことはわからないのですが、このアニメーションは今月末にリリースされる同名のコンピレーション・アルバムのために作られたようです。ミュージックビデオな感じです。
■ The Loner

制作は韓国、ソウルのクリエイティブスタジオ Sticky Monster Lab です。監督・アニメーション・脚本を手掛けられたのは、同スタジオの FLA さんです。

Sticky Monster Lab は2007年に、それぞれ違った分野で活動されていた、ディレクター・映像作家の FLA (Lim Choi) さん、イラストレーター・グラフィックデザイナーの BOO (Chang Jo Boo) さん、プロデューサーの NANA (Nana Kim) さんの3人によって創立され、様々な分野で活動を展開されています。

また「THE MONSTERS PROJECT」というプロジェクトを始動し、現在はフィギュア・アーティストも加わり、キャラクターたちのフィギュアも作られてるそうです。
この作品と下に紹介している作品もこのプロジェクトの作品です。

こちらは韓国の NIKE SPORTSWEAR が、Sticky Monster Lab とコラボして2010年のFIFAワールドカップに向けて「NSW+ FB グラフィックTシャツ」を発売したそうなんですが、その時のCMです。
サッカーゲーム風に作られていておもしろい作品です。
■ NIKE SPORTSWEAR: NSW+FBGT

キーパーがっww

こちらは、短編アニメーション『The Monsters』です。
砂漠で目覚めた主人公。そばには巨大な会社「Magnox」のマークの入った廃棄物の札が落ちています。近くにもその札となにやら死体のような物が。思い出せない主人公は、知り合った仲間たちと Magnox の社員募集に向かうことになりますが...。
■ The Monsters

社長の過去の話からの展開が..いろいろ詰まってておもしろいです。

Sticky Monster Lab のサイトです。他にもいろいろ作品が見れます。
stickymonsterlab.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

地中海に浮かぶシチリア島『land of sicilia』

地中海に浮かぶ島、イタリアのシチリア島の雄大な景色と石造りの街並がとても美しい映像『land of sicilia』です。
0485-01.jpg
映画「グラディエーター」のサントラからの名曲「Honor him (彼に光栄を)」に合わせて映し出される映像に癒されます。
■ land of sicilia

映画の見過ぎか「シチリア」で真っ先にマフィアが浮かんでしまいましたが (^^;) 綺麗な島ですねー。旅に出たくなりました。出れないけどw

フランス、パリのカメラマン(カメラ屋さん?)emeric さんの作品です。

emeric さんのサイトと flickr のページです。
hybridcams.fr
emeric_'s photostream [flickr]

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

人類滅亡後の世界を描いたフルCG短編アニメ『ROSA』

人類の姿が消えた世界で、絶滅した植物種のサンプルを使用し、地球の生態系を復活させるための人類最後の試みである、カーネル・プロジェクトにより目覚めたサイボーグ「ROSA」。
しかし、目覚めていたのは彼女だけではなかった。生き残りをかけて彼女の戦いが始まる...。
0484-01.jpg
荒廃したアジアンテイストな世界観とアクションシーンがすごい、ハイクオリティーなCG短編アニメーション作品『ROSA』です。
スペイン、バルセロナ在住のアーティスト Jesús Orellana さんの作品です。
Jesús Orellana さんはグラフィックノベルなどを手掛けていたそうですが、2009年からこの作品に取り組み、予算なしで一年間掛けて制作されたそうです。シアトル国際映画祭のワールドプレミア上映以来、数々の映画祭で上映され賞賛されているそうです。
個人の作品とは思えない、ハイクオリティーな作品です。
■ ROSA

巨大な九龍城砦みたいな世界観がとてもよいです。最初のカプセルにあった Nelum(ハス)も気になりますw

ROSA のサイトです。
rosamovie.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

モスクワの日のソ連崩壊20周年プロジェクションショー

今年9月4日に、ロシアのモスクワ大学の本館で行なわれたプロジェクションマッピングとパフォーマンスショー『Alfa Show 4D』です。
0483-01.jpg
9月の第一週の土・日曜日はモスクワの創建を祝う「モスクワの日」としてお祭りが開かれるそうなのですが、今年はソビエト連邦崩壊から20年となり、その記念としてロシア最大の民間銀行である、アルファ銀行 (Alfa Bank) が、お祭りの目玉として主催した大規模なプロジェクションショーです。
企画・制作は大規模なイベントの開・閉会式などを数多く手掛ける、オーストラリアの DAE (David Atkins Enterprises) と Spinifex Group で、ディレクターは DAE のデヴィッド・アトキンスさんです。
バンクーバー冬季オリンピック2010や、上海国際博覧会、2006年ドーハ・アジア競技大会などの開会式も、DAE と Spinifex Group がタッグを組んで手掛けたそうです。
0483-02.jpg
80万人もの観客が集まり、花火が5千発、飛ばされた風船5万個という大規模なショーだったようですが、中でもプロジェクションマッピングの投影される表面積が25,500平方メートル(フットボールのフィールド5個分)もあり、ギネス記録を塗り替えるほどなんだそうです。
0483-03.jpg
映像は30分程あるフルバージョンです。遠方から撮影されてるシーンもあり、規模の大きさがわかります。ちょっと時間ないなという方は下に短めの映像もあります。
■ Alfa Show 4D official video full version

中間くらいの世界の建造物とかにトランスフォームするとことかよいです。

0483-04.jpg ハンマーゲームでスタートの鐘を鳴らし、アルファ銀行の光るロゴをまとって壁面を登ってる人は、高層ビルを勝手に登っちゃうことで有名なフランスのスパイダーマンこと、アラン・ロベール (Alain Robert) さんです。
ショーだからかワイヤーが付いてますが、ロベールさんは、この日モスクワ市内に建設中の高層ビル「フェデレーション・タワー」にも登ったそうです。

こちらは Spinifex Group が公開していた短めバージョンです。
コピーライトがど真ん中にあるのがちょっと残念なんですが...。
■ Alfa Bank Projection - Moscow Day

マッピングは3人のデザイナー、20人のモーショングラフィックス・アーティスト、15人の3Dアーティストによって制作され、プロジェクターは81台も使用されているそうです。

DAE のサイトです。
daeglobal.com
Spinifex Group のサイトです。
spinifexgroup.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

航空母艦「USSカール・ヴィンソン」の24時間

アメリカ海軍の原子力航空母艦「USSカール・ヴィンソン」を、ある日の明け方からの24時間を撮影した映像『24 Hours on an Aircraft Carrier』です。
0482-01.jpg
空母や航空機が、カメラワークやフィルタの効果や様々な撮影方法で撮られていて、映画のワンシーンのようなカッコイイ映像です。
昨日は2011年11月11日という1並びな日でしたね。日本ではポッキーの日だったりお箸の日だったりするようですが、アメリカでは「退役軍人の日」なんだそうです。

この日を記念して、カリフォルニア州の海軍基地に停泊していた、空母カール・ヴィンソンの甲板に特設のバスケット・コートが設置され、「Carrier Classic」という大学バスケットボールの公式試合が初めて開催されたそうです。オバマ大統領のスピーチもあったそうです。
0482-02.jpg
また今年5月には、この空母にウサマ・ビン・ラディン容疑者の遺体が搬送され、水葬の儀式が行われています。

そういった特別な日ではないですが、USSカール・ヴィンソンの日常の24時間を3分半にまとめた映像です。
■ 24 Hours on an Aircraft Carrier

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

猫変化なシュールな街『Welcome to Kitty City』

モフモフした子がやって来たと思ったら...猫?!
音楽に合わせて奇妙な形に変化しながら増殖する猫ちゃんたちが、シュールだけどかわいくて、おもしろいアニメーション作品『Welcome to Kitty City』です。
0481-01.jpg
イギリスのブライトンを拠点に活動されているアニメーターで、ミュージシャン・イラストレーター・漫画家でもある Cyriak (Cyriak Harris) さんの作品です。

Cyriak さんの作品は、テディベアの作品「Cycles」を以前エントリーにしましたが、他にもシュールな Cyriak ワールドな作品をたくさん公開されていて、よく話題になっているのでご存知の方も多いと思います。

猫ちゃんがどんどんスゴイことになっていって、おもしろい作品です。
■ Welcome to Kitty City

建物がネコミミっ ネコ車とネコ電車が好きだなぁw

Cyriak さんのサイトです。イラストなども見れます。
椅子に座ってる人の顔とかをマウスで触ってみてください。
www.cyriak.co.uk

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

スターゲイト・スタジオのショートフィルム『XXIT』

日本でも馴染みのある海外ドラマ「24」「HEROES」「アグリー・ベティ」などのVFXやCG合成を手掛ける、アメリカ、カリフォルニアの製作スタジオ Stargate Studios(スターゲイト・スタジオ)のショートフィルム作品『XXIT』です。
0480-01.jpg
前半のブレードランナー的な世界観がとてもカッコイイ作品です。
監督は、スタジオの設立者でもある、Sam Nicholson さんです。

残念ながら動画の埋め込みが出来ないため、本編はこちらでご覧下さい。
XXIT - Stargate Studios [vimeo]
こちらはメイキング映像です。
XXIT Behind The Scenes - Stargate Studios [vimeo]
0480-02.jpg
最初「ブレードランナー」のドラマ版の予告とかなのかと思っちゃいました (^^;)

こちらは、以前話題になっていたので、ご存知の方も多いと思います。
Stargate Studios が手掛けた作品の背景合成技術を紹介したデモ・リールです。
普通にありそうなシーンも合成だったりして、ビックリでおもしろい映像です。
■ Stargate Studios 2010 Virtual Backlot Demo

■ Stargate Studios 2009 Virtual Backlot Demo

他にもいろいろな映画やドラマのVFX技術などのCG技術をまとめた動画がたくさん公開されています。
Stargate Studios's videos [vimeo]

Stargate Studios のサイトです。
stargatestudios.net

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

かわいい細胞アニメーション『FANTASTIC CELL』

細胞やプランクトンみたいな形をしたヘンテコな生き物(?)たちが、融合したり分裂したりしながら変形していきます。
とてもわかいいアニメーション作品『FANTASTIC CELL』です。
0479-01.jpg
この作品は以前エントリーにした「細胞アニメーション」の作者、アニメーション作家・イラストレーターの水江 未来さんの2003年のデビュー作品で、広島国際アニメーションフェスティバル2004にノミネートされたそうです。
■ FANTASTIC CELL

クリオネの捕食がw

こちらはショートシリーズ作品『Timbre A to Z』です。
この作品はA~Zまで分かれていて、以前一日1個ずつ26日間かけて公開されてたのですが、ひとつにまとめたスペシャルバージョンが公開されてました。
色付きで音もかわいいです。
■ Timbre A to Z

それぞれの絵(キャラ?)に特定の音が割り当てられてられてるのかな。Q、R、Xとか好き。

こちらはメイキング映像です。1枚1枚めちゃくちゃ丁寧に描かれてます。
■ MIRAI MIZUE animation-making process


水江 未来さんのサイトと vimeo のページです。
web.mac.com/mirai_mizue
MIRAI_MIZUE [vimeo]

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

キュービックビートな3DCGアニメーション『BEAT』

全てスクエアやキューブで構成された空間と人々。ビートを刻みながら淡々と作業をしていますが...。短編アニメーション『BEAT』です。
シンプルな3DCGでミニマル感がとてもかっこよい作品です。
0478-01.jpg
■ BEAT

イスラエルの国立美術学校、ベツァルエル美術デザイン学院 (Bezalel Academy of Arts and Design) の卒業生で、イスラエル、エルサレムの Or Bar-el さんの卒業制作の作品です。
3DCGアニメーションは初めて作られたそうです。

Or Bar-el さんのサイトです。
orbarel.com

以前エントリーにした、短編アニメーション「Between Bears」もベツァルエル美術デザイン学院の学生さんの卒業制作でしたが、とても素敵な作品でした。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

画面の中に囚われた男の短編アニメ『Prisonnier』

覇気がない男が画面の中にやって来ますが、なぜか画面から出られなくなってしまいます。
画面の中の囚人となってしまった男はどうするか、そしてこの謎の空間は...?
0477-01.jpg
最初は淡々とした感じで進みますが、謎が多くおもしろい展開の短編アニメーション作品『Prisonnier』です。
■ Prisonnier

詳しいことはわかりませんが、ベルギーの Tommy Schools さんの2009年の作品です。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

建物がぐるっと曲がった写真

アメリカ、サンフランシスコを拠点に活動されているカメラマン Nicholas Kennedy Sitton さんのシリーズ作品『twisted』です。
0476-01.jpg
写真の一部を大きさの違う円に切り取り、それぞれ少しずつ回転させることで、建物がぐるっというかぐにゃっというかw、曲がってるように見えます。
加工方法はシンプルですが、おもしろい作品です。
0476-02.jpg

0476-03.jpg

0476-05.jpg

0476-04.jpg

Nicholas Kennedy Sitton さんの flickr と tumblr のページです。
Nicholas Kennedy Sitton's photostream [flickr]
haptic [tumblr]

[via:IGNANT]

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

光を獲た鯉が水底を照らし泳ぐアニメーション『Koi』

水の中で光りながら泳ぐ鯉のアニメーション作品『Koi - Lzf Lamps』です。
0475-01.jpg
スペインの照明会社 Koi - Lzf Lamps のために制作されたそうです。
光り輝きエネルギッシュに泳ぐ鯉が幻想的でカッコイイ作品です。
■ Koi - Lzf Lamps

なぜかオープニングが日本語になってますが、制作されたのはスペイン、バルセロナの制作スタジオ Diestro です。今年2011年に4人の創設者によって設立され、VFX、3D、モーショングラフィックス、アニメーションなどを手掛けているそうです。

ちょっとだけですが、モデリングの映像もあったので一緒に。
■ Test KOI model

Diestro のサイトです。
diestro.tv

Lzf Lamps はスペイン、バレンシアの照明会社で、最初は自宅やガレージ、ワークショップなどから二人で始められたそうです。数名のフリーデザイナーやスタジオと協力して、特別な人たちのために特別な照明(インテリアランプ)をデザイン・製造している小規模な会社だそうですが、そのデザイン性は高く評価され、ドイツのデザインプラス賞やレッドドット・デザイン賞を受賞されているそうです。

Lzf Lamps のサイトです。「Products」で製品が見れますよ。
www.lzf-lamps.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ファッションショーなプロジェクションマッピング

9月1日に韓国のソウルにあるクラブ、エルルイで開かれた、ジルスチュアートニューヨーク (JILLSTUART NEWYORK) のローンチングショーで行なわれたプロジェクションマッピングです。
0474-01.jpg
クラブ内のレンガ調の壁面に投影されているのですが、マッピング映像の中にもモデルさんが登場します。
そういえば以前エントリーにした、ラルフローレンのプロジェクションマッピングも映像内でファッションショーしてました。

プロジェクションマッピング映像の前後には、会場設置の様子やファッションショーの映像などもちょこっとだけ見ることが出来ます。
■ JILL STUART NEW YORK Launching Show, SEOUL

会場内の中央ではなく壁の前にランウェイを設置して、ショーが行なわれてますね。

マッピング制作は、3Dプロジェクションマッピング、モーショングラフィックス、3Dデザインなどを手掛ける、ソウルのヴィジュアル・プログラミング・グループ Binder-ä です。

こちらも Binder-ä の作品です。
6月9日にメルセデス・ベンツ・コリアが、第4世代Cクラスを一部改良したモデル「ニュージェネレーションCクラス」を発表したそうなんですが、ソウルのウォーカーヒルホテルで開かれた、そのローンチングパーティで行なわれたプロジェクションマッピングです。
最後の方で車に投影したマッピングもありますよ。
■ Mercedes Benz : the New generation C-Class Launching Party

DJブースになった時のホイールVJがかわいいw
アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。