ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

アルゼンチンのオンラインマガジンに掲載されました

0273-0.jpg アルゼンチンを拠点とする Doux Magazine のアートマガジン『DOUX』の #4shichigoroshingo のイラストが掲載されました。
他にもたくさんのアーティストさんの作品が掲載されてます。
今回も埋め込んであるので、マガジンは全部見れます。
DOUX』はイラストだけでなく、写真やファッション、デザインなど、様々な作品を紹介されていて、今回掲載された『DOUX #4』は10月4日に発刊されたのですが、現在ビュー数が23万を超えてます。(*o* )
アルゼンチンの方から連絡があったのと、内容がスペイン語なので南米を中心としたオンラインマガジンだと思いますが、こんなに人気のマガジンで紹介して頂いてとても嬉しいです。(^^ )

12ページに渡って6作品も掲載されてました。
0273-1.jpg
0273-2.jpg
0273-3.jpg
他にもいろいろなアーティストさんの素晴らしい作品がたくさん見れます。
しちごろが好きなアーティストさんも何人かいるのですが、特に大好きな憧れのアーティストの BRIAN DESPAIN さんが掲載されてます。一緒の号に掲載されてとっても嬉しいですw。

BRIAN DESPAIN さんのサイトです。
BRIAN DESPAIN

左右の三角ボタンのあるバーでページが送れます。バーの上にある三角ボタンはスキップです。
画像をクリックするとフルスクリーンになります。また左下の「Open publication」をクリックすると、ブラウザの別ウィンド (別タブ) が開き、ブラウザサイズで見れます。
フルスクリーンまたはブラウザサイズ中に、画像をクリックすると拡縮モードになります。

DOUX の他の号はこちらから見れます。
Issues [Doux]
Doux Magazine のサイトです。
Doux

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

不思議な人形屋と少女の3Dアニメーション『Alma』

元ピクサーのアニメーター Rodrigo Blaas(ロドリゴ・ブラース)さんが初監督された、短編3Dアニメーション作品『Alma』です。
0272-01.jpg
ある雪の日、ショーウインドウに自分そっくりの人形を見つけた少女の、ちょっとホラーでハイクオリティーな作品です。
スペイン出身の Rodrigo Blaas(ロドリゴ・ブラース)さんは元ピクサーのアニメーターさんで、「Wall-E」や「カールじいさんの空飛ぶ家」「ファインディング・ニモ」など多くの作品に携わっています。
アメリカとスペインで10年以上CGアニメーションの仕事をされて来たそうで、作品のクオリティーの高さはサスガな素晴らしい作品です。

ある雪の日、ショーウインドウに自分そっくりの人形を見つけた少女アルマ。
しかし人形は消えてしまい導かれるようにお店の中に入ると、そこにはたくさんの人形がありました。そしてさっき見た自分そっくりの人形を見つけたアルマは…。
■ Alma

ガウディっぽいお店がとってもいいです。窓やドアがすごいステキ。
壁に名前を書くと人形が出て来るのかなと思ったのですが、ラストの感じだと違うのかな。

制作スタッフもすごいようで、キャラクターデザインには、「カールじいさんの空飛ぶ家」や「レミーのおいしいレストラン」などに携わった Bolhem Bouchiba さんや「マダガスカル」や「シャーク・テイル」などに携わった Carlos Grangel さんの名前もクレジットされてます。

Alma のサイトです。
almashortfilm.com

この作品を基にして、「ヘルボーイ」などの映画監督であり脚本家・小説家の、ギレルモ・デル・トロ (Guillermo Del Toro) さんのプロデュースでドリームワークスの長編アニメーションとなる企画があるそうです。
またギレルモ・デル・トロさんとロドリゴ・ブラースさんは、ギレルモ・デル・トロさんの小説を基にしたドリームワークス製作予定の長編アニメーション「Trollhunters」で共同監督をされるそうです。
詳細はこちらです。
Guillermo del Toro finds soul with 'Alma' [Los Angeles Times]

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ストップモーション風な3Dアニメのミュージックビデオ

0271-0.jpg 3Dアニメーションのミュージックビデオなんですが、ダンボールで作った家の中で展開される、ストップモーションアニメ風に作られてます。
紙やパペットアニメっぽかったり、2Dや3Dだったり、いろいろ混ざっていておもしろいMVですよ。
USインディーシーンで注目される Ape School の『My Intention』のミュージックビデオなんですが、詳細がわからないのでオフィシャルか不明です。
作られたのはオーストリア、グラーツのヨアネウム応用科学大学の学生 Marlies Burgstaller さんと卒業生の Birgit Gether さんです。

music video for Ape School | It wasn't my intention


Marlies Burgstaller さんのサイトです。
marlies-burgstaller.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

4画面に分かれた音の素敵なコマ撮り映像

0270-0.jpg イギリスの Bill Newsinger さんがコマ撮り写真で作られた映像『Fast Forward』です。
4分割された画面にコマ撮り映像が映し出されるのですが、それぞれの画面に違う音 (楽器) が割り当てられていて、音楽と映像の使い方がとても素敵な作品です。
イギリス、レスターの Bill Newsinger さんが、Leicester Town Centre (レスター・タウン・センター) で撮られた約50枚のコマ撮り写真で作られた映像で、音楽も作られたそうです。

画面が4分割されていて、それぞれにショートなコマ撮り映像がいくつか流れるのですが、画面ごとに音 (楽器) が分かれていて、映像と連動しています。
音楽の使い方がとても素敵な映像ですよ。出来ればヘッドフォン着用をオススメします。
Fast Forward

ほのぼのしてていいですね。音の使い方がとてもいいです。
本当に50枚しか使ってないなのかなー。同じシーンが繰り返されてたり、同じ写真っぽいのはありますが。すごいですねー。

こちらも Bill Newsinger さんの映像作品なんですが、今年の1月2日のレスターの街を撮られたそうです。モノクロでなかなか良かったので。
Back To Mono

新年の宴の後って感じみたいです。グラフィティがすごいです。
個人的に音楽がよいですw。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

まるで手遊びをしてるようなネコちゃんたちの動画

0269-0.jpg 「アルプス一万尺」みたいな手遊びをしてるようなネコちゃんたちの動画です。
上手に手を合わせてます。でもなんだか緊張感が漂ってます。
遊んでるのかケンカしてるのか楽しくはなさそうですが…w。手合わせがかわいいネコちゃんたちの動画です。
一回やめてもまた始まったりします。
楽しくなさそうだけどw、手遊びしてるみたいでかわいいですよ。

左の子の攻撃を抑えてる感じなのかな。
たまにパシって頭にあたってるのがいいですねw。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ちょっと病的でダークな3Dアニメのミュージックビデオ

0268-0.jpg プエルトリコのレゲトン・デュオ、Calle 13 の曲
John el esquizofrénico』のミュージックビデオです。

ちょっとティム・バートンを思い起こさせますが、基本的にモノクロな3Dアニメーションで、ダークな世界観のMVです。
「John el esquizofrénico」は直訳で「ジョン・精神分裂病」(現在は別の病名で呼ばれていますが病状なども様々なので、表現を変えました) で、「僕の名前はジョン・アレキサンダー、精神分裂病だ。」といった歌詞で始まる曲なんですが、その内容に合わせたアニメーションになってます。

ティム・バートンぽい感じもありますが、ダークな世界観がなかなかよいです。
John el esquizofrénico


作られたのはプエルトリコを拠点とし活動されてるアニメーターでイラストレーターの MoxStudiosJuan Carlos Montes さんです。
moxstudios.com
0268-1.jpg
個人的にはイントロとアウトロ部分の機械仕掛けな感じのところが好きですw。

この部分はアルゼンチンのデザインやモーショングラフィックスの製作会社 NeoDG が制作しているそうです。
NEODG
Amazon
De Atras Vienen Conmigo
De Atras Vienen Conmigo
(2008/10/21)
Calle 13
Entren Los Que Quieran
Entren Los Que Quieran
(2010/11/22)
Calle 13


このミュージックビデオの曲「John el esquizofrénico」が収録されたアルバムです。
(←左)

Calle 13 のサイトです。
Calle 13

0268-2.jpg
Calle 13 のサイトでは11月に発売されるニューアルバム (←左) のカウントダウンの時限爆弾がありますよ。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ネコのようなランプ『MiCha』

0267-0.jpg パリを拠点として世界的に活躍されているアーティストデュオ Kuntzel+Deygas (クンゼル+デガ) がデザインしたペットランプ『MiCha』(ミシャ) です。
猫のようなフォルムをしていてペットのように愛着がわきそうな、とってもかわいいランプです。
CG映像もあります。

本当に動いたらいいですねw。コードがぐるぐるしちゃうだろけど。

下の画像の左から、MiCha dos rond、MiCha Baby assis、MiCha assis、MiCha en marche の4つのモデルがあるそうです。
0267-1.jpg

0267-2.jpg

0267-3.jpg

0267-4.jpg

今年の12月31日まで予約販売をされてるそうです。
商品の詳細はサイトで見れます。リンク先は日本語版です。
House Of MiCha by Kuntzel+Deygas

Kuntzel+Deygas (クンゼル+デガ) は Olivier Kuntzel さんと Florence Deygas さんのアーティストデュオで、パリの人気セレクトショップ「Colette」のキャラクター Caperino & Peperone (キャペリーノ&ペペローネ) のデザインで有名なアーティストさんです。このキャラクターはご存知の方も多いと思いますが、数々の有名ブランドとコラボしたり、日本伝統工芸とコラボしたランタンやベアブリック付きのCDなんかも発売されてます。

Caperino & Peperone のサイトです。
La Gazette, Caperino & Peperone

楽天市場 Amazon
Caperino & Peperone ~Art of sleeping~ (BE@BRICK付き)
Caperino & Peperone
~Art of sleeping~
(BE@BRICK付き)
オムニバスクミソロ


スティーヴン・スピルバーグ監督映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のオープニングタイトルも作られてます。

Kuntzel+Deygas のサイトです。
ADD A DOG, Kuntzel+Deygas

[via: Fubiz]

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

当選したロトくじを必死に運ぶ犬の切ないCM

0266-0.jpg ニュージーランドのロトくじの会社のCM『Lucky Dog』です。
飼い主とヨットで旅行中に嵐に遭い、海に落ちてしまった高額当選したロトくじを追いかけ、飼い主のもとへ必死に運ぶワンちゃんの、ちょっと切ないお話しです。
ヨットで海に旅に出ていたワンちゃんと飼い主。
飼い主はヨットの中でロトくじが高額当選したことを知り、ワンちゃんと一緒に喜びますが、嵐に遭い不運にもロトくじが海の中へ。
ワンちゃんがそのくじを追いかけ海に飛び込みますが…。
Lucky Dog

ワンちゃんの切ない表情が…。大事に飼ってもらえるといいですねー。
犬にとってはあんまり意味のない紙切れなのに (暮らしは変わるかもですが)、飼い主さんに喜んで欲しいっていう純粋な気持ちだけっていうのが…。
ある意味すごいCMだなぁw。ヨットを持ってるような人が当たるところも。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

個性を失った子供たちの短編アニメ『CHILDREN』

0265-0.jpg 日本の専門学生さん4人で作られた、CGアニメーション作品『CHILDREN』です。

明日まで日本科学未来館で開催されている ASIAGRAPH 2010 in Tokyo の学生アニメーション作品公募部門で、最優秀賞作品に輝いた作品です。
岡田 拓也さん、宮内 貴広さん、井筒 臣喜さん、近藤 天万里さんが、トライデントコンピュータ専門学校のグループ制作で、「みんなが同じであろうとすることが、個性を失う原因ではないのか」というテーマで作られたそうです。
第一線で活躍されているクリエーターの方たちが審査する Digital Creators Competition 2010 でも優秀作品に選ばれたそうです。

重い色使いの空気感と囚人のように番号化された子供たち (や先生) が印象的な作品です。
■ CHILDREN 【自主制作アニメ】

葬送行進曲が作品のイメージに合ってますね。
だいぶ耳に残るのでつい口ずさんでしまいますw。

先日、この ASIAGRAPH2010 が開催されている DISITAL CONTENT EXPO 2010 に行って来ました。
素敵なアニメーション作品やイラスト作品もたくさん見れたし、好きなアーティストさんの作品もあって、とても刺激になりました。
グラスレス3Dテレビや3Dゲームなど、やっぱり3Dなものが多かったです。学生の方達が出展されているブースも多く、わかり易く一生懸命説明して下さって、とても楽しかったです。

ASIAGRAPH のサイトです。
ASIAGRAPH
DIGITAL CONTENT EXPO のサイトです。
DIGITAL CONTENT EXPO
日本科学未来館 のサイトです。
日本科学未来館

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

プラハの天文時計で行なわれたプロジェクション

0264-0.jpg 10月9日に、チェコ共和国、プラハのオールドタウンスクエアにある、プラハの天文時計 (プラハのオルロイ) の600周年を記念して行なわれたプロジェクションマッピングです。
チェコのアーティスト集団 Macula によって制作された『The 600 Years』です。
観光名所として名高いプラハのオルロイは、空の太陽や月の位置などの天文図を示すための文字盤、「使徒の行進 (The Walk of the Apostles)」と呼ばれるキリストの使徒などが時間ごとに動く人形仕掛け、月々を表す浮き彫りの暦版の3つの主要部分から成り、最も古い部分は時計の機構と天文図の文字盤で、1410年に製作されたそうです。何度も修復が繰り返され、1945年に戦争で深刻な損傷を受けたこともあるそうです。(wikipedia:プラハの天文時計)

制作されたのは、以前エントリーしたチェコのアーティスト集団 Macula です。
(⇒ チェコで行なわれたプロジェクションマッピング [しちごろく])

画面が縦長なので、少し小さめに埋め込んでみましたが、もし画面が切れてしまうようでしたら、フルスクリーンにして (右下の音量調整と vimeo の文字の間にある4つの矢印マーク) ご覧下さい。『The 600 Years』です。
Sound: data-live
Production: Tomato Production
最初に時計台が作られるところから始まって、12星座や太陽、地球、月の天体、フス戦争や1945年のプラハの解放の時の損傷、民主化など、600年の歴史がイメージされてる感じです。

Macula のサイトです。
the macula

しちごろく内の関連エントリー
チェコで行なわれたプロジェクションマッピング

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

海の中が可愛らしく描かれた短編アニメーション

0263-0.jpg パリのアニメーションの名門校、ゴブランの学生さん3人によって作られた短編アニメーション『Playing with light - Mon ami le robot』です。

可愛らしく描かれた海の中で暮らす、少年とロボットの素敵な作品です。
パリ商工会議所が運営している、映像・写真・アニメーション等の名門校、ゴブラン (GOBELINS, l'école de l'image) の学生、Louis Thomas さん、Theo Guignard さん、
Benjamin Moreau さんの3人が、たぶん研修だと思うのですが、夏の間フランスのプロダクションとアニメーションスタジオ Cube Creative で制作されたそうです。 0263-1.jpg
少年とロボット、海の中や部屋のタッチや色彩がほんわりしていて可愛らしく、とっても素敵なアニメーションですよ。
Playing with light - Mon ami le robot

Music and sound : Adrien Casalis

ゴブラン校のサイトのアニメーションギャラリーです。卒業制作がいろいろ見れます。
GOBELINS L'ECOLE DE L'IMAGE - Galerie
Cube Creative のサイトです。
Cube Creative

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

3Dプロジェクションマッピング

0262-0.jpg もう今年も10月ですがw、アメリカ、テキサス州シュガーランドで、今年の新年のカウントダウンに行なわれた、プロジェクションマッピングです。

3D感がすごいのと、花火も打ち上がって新年を迎えた楽しい感じがとてもいいです。
ご存知の方も多いと思いますが、3D感がとても良くて、楽しい気分になるような映像ですよ。
Sugar Land TX - New Years's Eve 2009

Sugar Land TX - New Years's Eve 2009 [vimeo]
YouTube はこちら。⇒ 3D Projection Mapping [YouTube]

シュガーランドの25周年を記念して、テキサスに拠点を置く、メディア製作会社 TVPLD Systems によって行なわれたそうです。
制作アーティストは TVP の Jack Hattingh さん、Alan Demafiles さん、Sato Wood さんで、プロジェクターとサーバーは LD Systems が提供されているそうです。
TVP
LD Systems

日本人としては、新年明けてから「蛍の光」ってちょっと違和感がありますがw、イギリスやアメリカでは新年のウェルカムソングなんだそうです。
もう10月かー。早いなぁ…。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ミニチュア模型のようなフェスの映像

0260-0.jpg アメリカの大規模な野外フェス Coachella 2010 (コーチェラ) を、ミニチュア模型のように撮影された映像です。
キャンプエリアのテント張り、入場、ステージのセッティング、ショップやフードエリアのテント、そしてライブの様子などがミニチュアになってます。
監督・撮影・編集は、以前エントリーした『The Sandpit』というミニチュア映像を作られた (⇒ ミニチュア模型のようなニューヨークのある一日の映像 [しちごろく])、ニューヨーク在住のCMディレクターでカメラマン、ヴィジュアルエフェクトアーティストの Sam O'Hare さんです。
「The Sandpit」がきっかけで Coachella (コーチェラ) に依頼されて今回の映像を作られたそうです。製作は Sara Eolin さんと Leo Nitzberg さん。

YouTube にボーカルをカットしたオリジナル版が公開されてますが、埋め込みは vimeo のディレクターズカット版にしました。映像は一緒です。
オリジナル版は Coachella のサイトか YouTube で見れます。
coachella.com
Coachella 2010 [YouTube]

Coachelletta

Original music by Human
Composer: Matthew O'Malley
Music Producer/CD: Mike Jurasits
EP: Marc Altshuler

音楽は「The Sandpit」の方と一緒です。
最近では定番となったティルトシフト&タイムラプスの映像ですが、こういった非日常というか、あまり題材にされてない風景は特に新鮮な感じがします。

高い所から撮るために、チェリーピッカーというゴンドラ付きの機械リフト車両 (正式名がわからないんですけど、クレーン車の先端にゴンドラが付いてるようなのだと思います) に乗って撮影されたそうです。5万枚以上コマ撮りしたそうです。
詳細はこちらです。
Sam O'Hare's new tilt shift film, "Coachelletta" [Aéro Film]
0260-1.jpg
Sam O'Hare さんのサイトです。
pixelpollen.com


今年4月16日~18日の3日間、カリフォルニア州インディオのエンパイア・ポロ・フィールドで開催された Coachella 2010 (The Coachella Valley Music and Arts Fesutival) は、ヘッドライナーが、Jay-Z、Muse、Gorillaz でした。

来年は4月15日~17日に開催されるそうです。
coachella.com/home

しちごろく内の関連エントリー
ミニチュア模型のようなニューヨークのある一日の映像

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

不思議な生物と世界観の3Dアニメーション

0259-0.jpg0259-1.jpg
フランスのアニメーション作家の Jerome Boulbes (ジェローム・ブルベス) さんの3Dアニメーション『La Mort de Tau』(トーの死) (左)と『Le Puits』(井戸) (右) です。
不思議な生物が登場する不思議な世界観のアニメーションです。少し緊張感があるような、静かにゆっくりと流れるような、独特の感覚に引き込まれて行きますよ。
ニ作品とも10年程前の作品なので、ジェローム・ブルベスさんは作品紹介欄に「技術的に少し古くさいが、作品はまだ少しは魅力を持ってると思う」と書かれてます。
今の3D技術に比べると多少見劣りがあるのかもしれませんが、世界観や独特の雰囲気にどんどん引き込まれて行く、不思議な魅力のある作品です。

大きな生き物が砂漠で死にかけています。その生き物の死を巡って、砂漠の住人たちの間で様々な争いが起こります…。
2001年に製作された『La Mort de Tau - The death of Tau』(トーの死) です。

この大きな子の物質的な作りと、鳥たちのフォルムがステキw。
この作品は結構前に何かで見たのですが、ラストをすごい覚えてました。衝撃的だったのかな。また見れて良かったです。

小さな生き物が白い気泡にくっついて、明るい方へ旅に出ます…。
1999年に製作された『Le Puits - The Well』(井戸) です。

牢屋のデザインがいいですねー。
なんかこの独特の感覚がすごいですね。静かでないけど静寂感だったり、ゆっくりしてないけどゆったりだったり…うまく表現出来ませんがw。引き込まれます。

ニ作品とも、とても多くの映画祭で上映され、数々の賞を獲られています。
Jerome Boulbes (ジェローム・ブルベス) さんはモロッコ生まれのパリ育ちで、フランスの美術大学を卒業されてるそうです。
製作はジェローム・ブルベスさんが所属するアニメーションスタジオ Lardux Films です。

ジェローム・ブルベスさんのサイトです。
Rascagnes
Lardux Films のサイトです。
Lardux Films

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

盲目の少女が作り出す素敵な世界のアニメーション

0258-0.jpg 台湾の学生さん3人が卒業制作として作られた、短編アニメーション作品『Out of Sight』です。
目の見えない少女の想像の世界を、水彩と色鉛筆の柔らかくて優しいタッチと色合いで描かれた、とっても素敵なアニメーションですよ。
目の見えない少女チコはひったくりあってしまいます。いつも一緒で道案内してくれる犬のココは犯人を追いかけて行ってしまいます。
ひとりになってしまったチコは、ココを探しに垣根を越えるとそこは未知の世界。
いつもとは違う知らない場所に最初は不安になりますが、視覚以外の感覚と想像力で不思議な冒険が始まります…。

チコの感覚と想像の世界が広がって行く表現が素晴らしくて、とっても素敵なアニメーションですよ。『Out of Sight』です。

木の棒を魔法のステッキにして、想像力の世界を感覚の魔法で作り出してるっていうのが、女の子らしくてかわいいですね。やっぱりクジラがステキw。

0258-1.jpg Ya-Ting Yu (Evaty) さん、
Ya-Hsuan Yeh (Kynight) さん、Ling Chung さんの3人が、国立台湾芸術大学の卒業制作として、このアニメーションを作られたそうです。

Out of Sight のサイトです。
Out of Sight

こちらは Ya-Ting Yu (Evaty) さんのサイトのようですが、Webデザインがかわいいですよ。
Evaty Town

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

お風呂をムチャクチャ嫌がる犬の動画

0257-0.jpg 中国のワンちゃんだと思いますが、よっぽどお風呂が嫌いなのか、ものすごい抵抗ぶりです。
結構大きなワンちゃんなので、小学生くらいの子供がだだこねてる感じです。
飼い主さんも大変そうです。
あまりの嫌がりっぷりがおもしろい動画ですよ。
ところどころ画面が横向きになって見づらいかもしれませんが、ズルズル引っ張られてるワンちゃんがかわいいですよ。

かわいいw。チャウチャウですかね。よっぽど嫌な思い出があるんでしょうかw。

楽天市場
アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。