ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

簡単にアクセス出来る第6の感覚『シックスセンス』

0120-0.jpgシックスセンス』と聞くとブルース・ウィリスが出演していた映画を思い出します。

でもこの『第六感』はあの映画が示すものではなく、映画「マイノリティー・リポート」のシーンが現実になるようなプロジェクトなんです。
上の画像は手のひらに電話を投影しています。
押した番号が左側に表示され、電話をかけることが出来るんです。

このように、壁や紙、手や物などスクリーンになるものがあれば、そこにネットの情報などをすぐに映し出し利用出来るのです。

この"着用可能なデバイス"『シックスセンス』プロジェクトのデモが動画で見れます。
こんな未来を想像すると鳥肌モノです。日本語字幕もあるので解り易いですよ。

外出中、携帯電話で情報を得ることが出来ます。
でも行動を中断し携帯を取り出しネットに繋いで…と、簡単なようで意外と大変です。

それをもっと「感覚的」に出来ないか。行動を中断せず一連の動作として、簡単にネットにアクセスし、情報を得たり電話をしたり写真を撮ったり出来る『第6の感覚』。
それを気軽に身につけられないかという発想が、この『シックスセンス』(sixth sense) プロジェクトです。

開発は、サイバーエリートに選ばれたこともある、MIT (マサチューセッツ工科大学) のメディア研究所の準教授 パティ・マース (Pattie Maes)さんとその学生のプラナブ・ミストリ (Pranav Mistry) さんを筆頭に進められています。

まだ開発途中ですが、プロジェクターやカメラ、鏡などを使って簡単に作られたデバイスを使用したデモが見れます。
すごい内容ですが、ジョークを交えながら解り易く説明していておもしろいですよ。
必見です。再生時間は9分弱です。

字幕は、画面左下の再生ボタンの横の「View subtitles」をクリックしてください。
「Off」をクリックするとスクロールが出るので「Japanese」をクリックしてください。
また音量が大きいと思うので、下げてから再生したほうがいいかもです。

この動画を初めて見た時、鳥肌モノでした。写真を撮るところとか、すごいですねー。

日本でも「頓智ドット」が開発した「セカイカメラ」 (iPhone のカメラ機能を利用して取り込んだ画像に付加情報を表示出来るアプリケーション。現在諸事情でAppleStoreから削除されてしまったようです) が話題になり、世界的に注目されてましたね。

この「シックスセンス」も携帯電話とリンクするくらいの初期バージョンが商品化されるのは意外と早そうですね。
セキュリティー面やウィルス問題も気になるところです。
それこそ「空気感染」のような感覚になってしまったら怖いですねー。

今後の展開が楽しみですが、ちょっと怖いです。
そのうち一般人もIDチップを埋め込まないと生活出来ないような未来になったりして…。
ゲームやSF映画の見過ぎかなぁw。

動画内に出て来た「ジェフ・ハンのデモ」というのはこちらです。2006年のデモで「画期的なタッチスクリーン」です。興味のある方は見てみて下さい。おもしろいですよ。

iPad も進化するだろうし、こういったテクノロジーがどんどん身近になって行くんでしょうねー。すごいなぁ。

これらの動画は、TED (Technology Entertainment Design) というグループが、主催する講演会『TEDカンファレンス』の内容を無料で配信されている動画です。

以前「X線写真でスケルトンアート」のエントリー (⇒ X線写真でスケルトンアート [しちごろく] ) でニック・ヴィーシーさんの講演してる動画をのせましたが、最新テクノロジーだけでなく作家や芸術家、建築家、音楽家など様々な分野の講演が見れて、すごいおもしろいですよ。

TED の日本語ページはこちらです。
TED - Translations Talks in 日本語
ウィキペディアでTEDカンファレンスの詳細が見れます。
ウィキペディア:TED (カンファレンス)


ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

噴火したアイスランドの火山の火口付近の映像

0119-0.jpg 噴火したアイスランドの火山の河口付近をヘリコプターで上空から撮影した映像です。

噴き上がる煙と火山灰がものすごいです。
時折、稲妻が光ります。
下の画像の糸のようにぐにゃぐにゃしてるのは稲妻です。
先日の4月14日午前1時 (日本時間:午前10時) にアイスランドの南部にあるエイヤフィヤトラヨークトル (Eyjafjallajokull ) という氷河で火山が噴火しました。
日本でも、帰国出来ずに空港に寝泊まりされてる方たちのことや、輸入品が届かず生産ライン休止など、火山噴火による影響を連日ニュースで目にします。

この映像はイギリスの ITN ニュースのリポーターのジョン・アーヴィン (John Irvine) さんがヘリコプターに乗り、火山の火口付近を上空からリポートした映像です。


こちらも同じ ITN ニュースの映像です。


こちらは別のニュース映像なんですが、溶岩が噴き出してます。


こちらは火山付近の民家や道路などの映像です。すごい火山灰が積もってます。

馬が体についた灰を舐めてましたね。鳥や動物も大変です。

最近大震災が起きたり、津波や異常気象だったり。地球は…。
いくつもパニック映画で見て来ましたが、いろいろリアルに想像すると怖いです。
災害、経済、政治、戦争……。いろいろと考えてしまいます。


ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

iPadで絵を描くネコちゃんの動画

0118-0.jpg iPad でネコちゃんが絵を描いてる動画です。
描いてる…とはちょっとちがうかもですがw。

他にも iPad に興味津々のネコちゃんたちの動画をいくつか集めてみました。
かわいいですよ。
まずは絵を描く (?) 猫のイギーちゃんです。
ちょっと興味を持つまでに時間がかかりますが、かわいいですよ。



反応が追いついてないのが残念ですねー。肉球型にペタってなったらかわいいだろうなぁ。
爪で画面が傷つかないのかなー。

次はこのイギーちゃんが iPad で遊んでる (闘ってる?) 動画です。とってもかわいいです。
上の動画より前に投稿されてますが、再生回数が400万超えしてる人気動画です。



やっぱり動く物についつい反応してしまうんですね。
うちの子も子猫の時は、テレビ画面内のゲームキャラとかバシバシ叩いてましたがw。

次は iPad の中にいる魚が気になるネコちゃんです。



画面から消えた魚が脇から出て来ないのが不思議なんでしょうね。

次はゲームが気になるネコちゃんです。地味ですがかわいいです。
右の動画はこの左の動画を iPad で見てます。



自分が気になるのでしょうか。自分だとわかってないのかもしれませんね。

こちらは子ネコちゃんです。ちっちゃいです。



手応えがないのですぐ飽きてしまってますが、かわいいです。

ネコちゃんもこれからはデジタルで遊ぶ時代ですかね。



ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

音から湧き出すカタチをキャッチする『Music Catch 2』

0117-0.jpg 音楽から様々な「カタチ」が湧き出て来るのですが、それをマウス移動でキャッチしていく、癒し系音楽ゲーム
Music Catch 2』です。
難易度は低めですが、綺麗なピアノ曲と黒バックにぼんやり光るカタチに癒される、素敵なゲームです。
これはゲームの制作・配信をしている Reflexive Entertainment のゲームです。
無料バージョンなんですが、意外と内容が充実していてちょうどいい感じで遊べますよ。

ゲームはこちらから。癒されますよ。
Music Catch 2 - Reflexive.com

上のリンク先に行ったら「PLAY NOW!」をクリックしてください。ローディングされ下の画面になります。「PLAY」をクリックするとゲームスタートです。
画面右側の「Your Best」に最高得点と得点に応じたメダルが表示されます。
117-2.jpg
ゲームをクリアしていくと、「?」のところに、新しい曲・カタチ・パターン・動きがそれぞれ追加されて行きます。そしてそれらをオプションで選択出来るようになります。
「SHAPES」とあるので「カタチ」と表現してますが、「幻影・まぼろし」の意味もあるので、そんな感じなのかもしれません。

117-3.jpg 操作は簡単です。
最初は音楽記号の「カタチ」が音に合わせて湧き出てきます。
カーソル部分が右の画像のように丸くて中に「 x1 」とあります。
数字が得点倍率になってます。
これをマウスですばやく移動させながら、カタチをキャッチして行きます。カタチを集めることで得点されて行きます。

黄色いカタチ・・・キャッチすると、カーソルの得点倍率が1づつアップし、丸が大きくなって行きます。丸が大きくなると、カタチが取れる量も増えて、取り易くなります。
お褒めの言葉ももらえます。
またこの数字がコンボ数となり、最高コンボ数によってボーナス得点が加算されます。
117-5.jpg
赤いカタチ・・・キャッチすると、得点倍率が半分になって丸が小さくなります。
その時、丸から黄色が吹き出すので急いで回収すると、ちょっと復活出来ます。

紫のカタチ・・・キャッチすると、一定時間ぶわーって赤以外のカタチをパワーで吸い込みます。
気持ちいいです。赤に当たらないように注意です。

あと、まれに点滅するカタチが出現します。
何が起こるかは後半で↓。

一時停止・・・キーボードの「 P 」です。半角英数文字です。一時停止すると|ゲーム再開|最初からスタート|終了してオプション画面に戻る|を選択出来ます。

一番上にゲージがあって、曲のどの辺りかがわかります。

使用されている音楽はとても綺麗なピアノ曲なんですが、アイザック・シェパード (Isaac Shepard) さんという方の曲です。
シェパードさんのサイトではこのゲームに使用されている曲や他の曲が試聴出来ます。
ピアノ曲だけでなく、ジャズやロック、ゲームなどのサントラ・テクノ・エレクトロニカ・インダストリアルなど、多様なジャンルの音楽を作られていて、いろいろあって聴きごたえがありますよ。

サイトはこちらから。写真の左にある「Music Player」をクリックして、表の左の「Play」をクリックすると試聴出来ますよ。
IsaacShepard.com - The Official Website of Isaac Shepard

また、このゲーム「2」なんですけど、前作の「1」もあります。こちらをやってみると、今回だいぶバージョンアップしてるのがわかります。無料バージョンだからかもだけど。
前作はこちらから。
Music Catch

↓ここからはゲームのネタバレありです。ご注意下さい。

ゲームをクリアして行くと、オプションのロックが解除され、「?」だったところに新しく追加されて行きます。そしてオプションで選択出来るようになります。
117-4.jpg
音楽は最後には好きな曲でプレイ出来るようになります。
URL表示出来るMP3ファイルなら使用出来ます。(ローカル不可)

音量が大きかったり音数が多いと、大きいカタチやたくさんのカタチがが湧き出すようです。
点滅するカタチをキャッチすると、その時画面上にある他のカタチが全て黄色になります。

カタチは全部で4種類。
音楽記号の「Music」、月や星の「Sky」、花の 「Floral」、記号やマークの「Abstract」。
117-6.jpg
パターンも、出たり入ったり、固定、ストレート、レーダー、渦巻きといろいろ増えます。
ランダム表示も出来るようになります。
オプションでいろいろ試して、好きな組み合わせや高得点を取り易い組み合わせを見つけて下さいね。

117-7.jpg 有料のフルバージョンは10曲以上あって、シェパードさんの曲だけでなく、ロックなどのマッタリ系ではない曲も入ってます。
またカタチもいろいろあります。きのこ型とかサッカーボールとか。
右は一部です。
iPhone 版はカーソルの丸が2個あって、二人プレーも出来ますよ。
iPad だとよさそうですねー。
iTunes Store でダウンロード出来ます。
iTunes Store - Reflexive Entertainment

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ティム・バートンのフラッシュアニメ『ステインボーイ』

0116-0.jpg しちごろの大好きなアニメーションなんですが、2000年に Shockwave.com というサイトのWeb用アニメーションとして製作された、ティム・バートンが原作・脚本・監督のフラッシュアニメーション『ステインボーイ』(原題:The World of Stainboy)です。
ちょっと変わった主人公ステインボーイの、ティム・バートンの世界観が詰まったシュールでかわいいアニメーションです。

ティム・バートンの絵本『オイスター・ボーイの憂鬱な死』に出てくるキャラクター、ステインボーイ。ステインボーイ (Stainboy) の Stain は「シミ」のことですが、シミをつけることしか出来ない、けどその力をそんなに活かすわけでもない、変わったヒーローの物語です。
他のキャラクターも絵本に登場しますよ。

一作が4分前後のショートショートで、全部で6話あるのですが、このアニメを制作したアニメーション会社 Flinch Studio が、YouTube に全話HDでアップしてたのでお借りしました。残念ながら、日本語字幕はないのですが、内容はつかめると思います。

また動画だと実際より少し画像が切れてたりします。しっかり見たい方は、第6話の下のところにあるリンクから画面サイズの Flash で見れますよ。映像も綺麗なのでオススメです。
116-08.jpg
舞台はロサンゼルスのバーバンクの街。
全てのスーパーヒーローの中で、あまりにも変わっていて、特別な力もなければ、イカす車もない。スーパーマンとバットマンの次に、退屈なヒーローかもしれない。
謎のヒーロー、ステインボーイ。

ビルの谷間を飛び交う事も、特急電車を追い抜くことも出来ない。
走ることも泳ぐことも飛ぶことも出来ない彼の唯一の能力は"シミ"をつけることだけ。
クリーニング代がバカにならないことが彼を悩ませている。

バーバンク警察の、牙のように尖り逆立っている髪のグレンデール巡査部長のもとには、日々追放者に対する苦情が寄せられる。義歯を剥き出しにして吠えるグレンデール巡査部長が、今日もステインボーイに追放者を調査して連れて来るよう命じる。

116-02.jpg 第1話 - ステアガール - The Girl Who Stares

誰でも何でもかまわず、じっと見つめる少女、ステアガール。
じっと見つめる理由なんてわからない。
町のじっと見つめる大会で優勝したこともある彼女。一度目を合わせたら彼女の視線を反らすことは出来ない。

ステインボーイがじっと見つめる彼女の視線を反らせるでしょうか。



絵本では彼女は、町のじっと見つめる大会で優勝した後彼女の目玉にふさわしいお休みを与えます。デローンって。

116-03.jpg 第2話 - トキシックボーイ - The Toxic Boy

彼の本当の名前はロイだ。しかし、トキシックボーイとして知られている。
アンモニアとアスベストなど、有害物質を愛し、大量のタバコの煙を愛している。人を窒息させるようなものを彼は空気のように吸い込むんだ。
お気に入りはエアゾールスプレー。
静かに座り一日中スプレーを噴射して過ごす。
早朝はガレージで車が出発した後、排気ガスで満たされるのを待つ。

そんな"有毒"トキシックボーイからステインボーイは生きて帰れるのでしょうか。



絵本ではトキシックボーイが唯一泣いたのを見たのは、多少の塩化ナトリウムが彼の目に入った時だそうです。
ある日彼は庭で新鮮な空気を吸って絶望的な最後を迎えます。彼にとって新鮮な空気こそ有毒だったのです。彼の魂は天国まで漂ってオゾン層に穴を残しました。

116-04.jpg 第3話 - ボーリングボールヘッド
    - The Bowling Ball


ボーリングボールヘッドに人生は重すぎるのか。狙った相手にストライクを取るのみ。
真っ暗なボーリングレーンで彼と出会ったら、君は最後だ。
一度転がり出したら、もう逃げ場はない。

はたして、ストライクを狙うボーリングボールヘッドからステインボーイは逃げることが出来るのでしょうか。



絵本にはないキャラです。ステインボーイは飛べないはずなのに…。気になるところです。

116-05.jpg 第4話 - ロボットボーイ - The Robot Boy

スミス夫妻の間に誕生したロボットボーイ。
彼には皮膚がなく、暖かくなく可愛くもなかった。冷たくて薄いブリキに覆われ、頭からワイヤーとチューブが突き出していた。
そう、彼はロボットの男の子だった。
生きていないが死んでもいない。横たわってじっと見つめたまま。
彼が生きていると思えるのは、長い延長コードを壁に挿した時だけ。

ステインボーイはロボットボーイに気付くのでしょうか。



絵本ではロボットボーイはスミス夫人の計らいで台所用家電と接触し大人になります。でもたまにゴミ箱と間違えられたりするのですが。

116-06.jpg 第5話 - マッチガール - The Match Girl

スティックボーイはマッチガールに恋をした。
彼女の可憐な姿が大好きだった。
彼女はとってもホットなんだ。
恋の炎が彼を焦がした。
文字通り、彼はあっというまに燃え尽きた。
そんな経験を持つホットな彼女、マッチガール。

ステインボーイは彼女の誘惑に勝てるのでしょうか。



絵本では彼女とスティックボーイの恋のお話しです。

116-07.jpg 第6話 - ステインボーイの誕生
    - Stainboy's Day Off


ミをつけることしか能がないステインボーイ。
彼は生まれたばかりの赤ん坊だった。

なぜヒーローとなったのか。
なぜグレンデール巡査部長のもとで働くことになったのか。
とても切ないステインボーイの誕生秘話が明らかにされます。



ステインボーイにそんな過去があったんですねー。ちょっとロボットボーイと似てるような…。グレンデール巡査部長はいい人なのか悪い人なのか。ステインボーイは恩義を感じて働いてるのでしょうかね。海外のヒーローものって感じです。
しかもグレンデール巡査部長の別の一面も明らかになりましたね。
まったく関係ないですが、グレンデール巡査部長の髪型とメガネと歯を見てると、海外ドラマの「HEROES」のクレアのお父さん、ノア・ベネットを思い出します。

Tim Burton Collective というサイトに全話画面サイズの Flash があります。
画面サイズの Flash で見たい方は、こちらのリンクからご覧下さい。
直接、各お話の Flash に飛びます。「PLAY」をクリックするとスタートします。
Episode 1 - The Girl Who Stares
Episode 2 - The Toxic Boy
Episode 3 - The Bowling Ball
Episode 4 - The Robot Boy
Episode 5 - The Match Girl
Episode 6 - Stainboy's Day Off

ティム・バートンのサイトにもステインボーイが使われています。
ステインボーイをキーボードの矢印キーで動かしてギャラリーで作品を見たり出来ますよ。
The Official Tim Burton Website

こちらがステインボーイたちが出てくる『オイスター・ボーイの憂鬱な死』です。
とても素敵な本ですよ。お気に入りです。
右の海外版は Amazon の「なか見!検索」が数ページできるので、どんな感じかわかると思います。
オイスター・ボーイの憂鬱な死 オイスター・ボーイの
憂鬱な死
(1998/12)
ティム・バートン
The Melancholy Death of Oyster Boy: and Other Stories The Melancholy Death of Oyster Boy
: and Other Stories
(1997/11/05)
Tim Burton

この本の内容を紹介してるサイトがあります。
海外サイトなので文章は英語ですが、絵と文がまとめて載ってます。
アニメのキャラクターのお話しも見れますよ。目次にリンクしてます。
Welcome to Tim Burton's: The Contents Page

日本の Shockwave.com のサイトは閉鎖されてしまってます。
「つみきのいえ」の加藤久仁生氏の作品「或る旅人の日記」なども配信されてておもしろかったので残念です。


ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

『アリス・イン・ワンダーランド』のキャラクターデザイン

0115-0.jpg いよいよ明日ティム・バートン監督の『アリス・イン・ワンダーランド』が公開されます。
CMなどで、ユニークなキャラクターたちが目を引きます。
その中のいくつかのキャラクターデザインを手掛けた Michael Kutsche さんの作品です。
なんと3Dは使用してなくて全て手描きだそうです。すごいです。
115-01.jpg
Michael Kutsche さんはロサンゼルスを拠点に活動しているイラストレーター、コンセプチュアルアーティストさんです。

この作品は最初見た時、絶対3D使ってると思いました。手描きなんてすごすぎです。
115-02.jpg

こちらは最初の頃のコンセプトだそうです。だいぶ違いますね。
115-08.jpg

115-03.jpg
この作品はマッドハッターの最初の頃のコンセプトだそうです。まだ配役がジョニー・デップに決まってなかったころのだそうです。
スチームパンクなゴーグルでとてもかっこいいです。
最終的にはこんな感じになってます。
115-04.jpg115-05.jpg

ティム・バートンのスケッチをもとに作られた作品です。
ティム・バートンのスケッチも相変わらずいいですねー。
115-06.jpg115-07.jpg
[ティム・バートンのスケッチ from Animatie]

なんか本当にすごいです。何度も同じこと言ってますけどw手描きなのが本当にすごいです。
いよいよ明日公開です。早めに観に行きたいけど…。映画が楽しみです。

Michael Kutsche さんのサイトです。他の作品やブログ、本人の写真が見れます。
MICHAEL KUTSCHE
こちらでも作品を展示されてます。「Gallery」で他のキャラクターも見れますよ。
michaelkutsche [ deviantART ]


ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

都市を廃墟の街にしてしまう版画

0114-0.jpg 東京都内などの街が崩壊してしまった姿をリトグラフで表現する元田 久治 (もとだ ひさはる) さんの作品です。
昨年フジテレビの深夜のアニメ番組「ノイタミナ」で放映されていた「東京マグニチュード8.0」というアニメのオープニングに作品が使用されていました。
0114-1.jpg 放映前、もし東京で大震災が起きたら…という設定で、大震災を想定した内容とのことで、アニメが話題になっていたので見ていたのですが、とにかくオープニングがすごかったです。
東京都内の風景が廃墟となっていて、怖くなるほどリアルで、精密な描写に毎回圧倒されてしまいました。

元田さんの最近の作品はミクストメディアで、和紙を使用しているカラーなものが多いようです。
色が入るとまたいっそうリアル感があります。

「東京マグニチュード8.0」のオープニングの動画です。
右下に場所の解説が付いてます。


元田さんは現在、文化庁の新進芸術家海外研修制度で海外研修中だそうです。
元田さんのサイトはこちらです。リニューアルしてました。
アニメのオープニングに使われていた作品や他の作品が見れます。
HisaharuMOTODA ArtWorks


フジテレビのアニメ番組「ノイタミナ」ですが、以前「墓場鬼太郎」が放映されてたり、「東京マグニチュード8.0」の後に放映されていた、奥田英朗さんの小説「空中ブランコ」のアニメが、電気グルーヴが音楽をやっていてポップな絵でおもしろかったです。
今日の深夜から (関東ですが) オノ・ナツメさん原作の「さらい屋五葉」というのが始まります。また22日から始まる (関東ですが) 「四畳半神話大系」というアニメが、監督が「マインドゲーム」の湯浅政明さんなので見てみようと思ってます。
ノイタミナの詳細はこちらです。
ノイタミナ

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

8ビットの生命体にNYが侵略されちゃう『PIXELS』

0113-0.jpg ニューヨークの街が8ビット時代の懐かしいゲームキャラたちに侵略されていく、Patrick Jean さんという方のショートフィルム作品『PIXELS』です。

侵略されてるんだけど、キャラがかわいくて見てて楽しくなっちゃいます。
CMやミュージックビデオを手掛けるパリを拠点とする One More Production という映像制作会社が制作を手掛けています。
発想も楽しいし、ゲームキャラが1種類じゃないので、キャラの特徴とNYの街をうまく利用してるおもしろい映像ですよ。



そこまでピクセル化されてしまうのかwという感じですけど、立体なのでLEGOブロックみたいですね。

次はパリの最新デジタルアートと音楽の場 La Gaîté Lyrique の映像です。
こちらも One More Production が制作を手掛けてました。
113-02.jpg
かわいらしくて不思議なキャラクターたちが印象的な作品ですよ。



音楽もいいですね。

La Gaîté Lyrique のサイトです。
La Gaîté Lyrique
One More Production のサイトです。CMやMVなど他の作品が見れます。
one more production

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

複数の動画を使ったサンプラーみたいな『In B Flat』

0111-0.jpg ジャズやブラジリアンミュージックをルーツとした、メロディックなエレクトロニカやアンビエントを作り出す『Science for Girls』の Darren Solomon さんによる YouTube 動画とコラボしたプロジェクト『In B Flat』です。
動画を適当に再生するだけでもとっても心地の良い音楽が作れちゃうんです。
ページに飛ぶと20個の YouTube の埋め込み動画がサンプラーパッドのように並んでいます。『In Bb 2.0』と呼ばれていて、なんとなく機種名っぽいです。小文字の"b"はフラット記号"♭"を表しています。

サイトはこちらです。クリックすると上の画像のページになってすぐ遊べますよ。
動画をランダムに再生するだけで、とても気持ちいい音楽が出来ますよ。
in Bb 2.0 - a collaborative music / spoken word project

使用されている動画はすべて YouTube ユーザーから募集した作品で、さまざまな楽器や声で演奏されたもの、朗読などです。これをサンプリング音のように利用しています。
動画を作るにあたって、B♭キーで演奏する、ビート感は出さない、音量は大きすぎないことなどの条件があったようです。
全ての動画がB♭で演奏されているため、適当に合わせてもとても心地よい音楽が作れるんですね。

またすごいところは、それぞれの動画の再生タイミング、ボリューム調整などでオリジナルなミックスが出来るところです。好きな音だけを使用したり、ボリュームを上げたり、使用したい部分だけ挿入したり。微調整はちょっと難しいですが、秒数などで合わせたりですかね。

音楽はあまり詳しくないけど…という方から、ミックス好きな方まで、幅広いユーザーの方が遊べるサイトだと思います。とてもステキなプロジェクトだと思いました。

この動画は『In Bb 2.0』を使って作られたものです。

他にも本格的に作られてる方の動画があったのですが、埋め込み無効だったり、映像がなかったり、まだ動画が4列だった初期の頃に作られたものだったりで、全部の動画を使ってなかったりで、この動画が『In Bb 2.0』がどんな感じか分かり易くて長すぎないかなぁと思います。でも最後ぶち切れてます。

このプロジェクトを企画した、NYを拠点に活動されている Darren Solomon さんの『Science for Girls』ですが、デビューアルバムは、NYのインディーズシーンの数人のゲストヴォーカリストによって作られています。

Science for Girls のサイトでは数曲ですが試聴出来ますよ。
興味のある方はこちらから。
トップページに飛ぶので左下の「listen」をクリックして下さい。ページが変わったら右側に曲名 (とヴォーカリストの名前) が並んでるので、クリックすると曲が流れます。
少々ボリュームが大きいのでご注意ください。
Science for Girls


ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ゲームボーイをスチームパンク風にカスタマイズ

0110-0.jpg スチームパンク風にカスタマイズされたゲームボーイです。かっこいいです。

これは、ゲームボーイなどのカスタマイザーでチップチューンアーティストでもある THRETRIS さんの作品です。
任天堂ゲームボーイ1989年モデル DMG-01 を改造しちゃってます。
外見だけでなく、LEDライトをオレンジに交換、オレンジのバックライトや最新のオーディオ出力追加など細部にもこだわりが見えます。
内蔵スピーカーに切り替えたり、従来のヘッドフォン出力も使用出来るのでレトロ感も味わえるようです。

110-1.jpg

110-2.jpg

110-3.jpg

110-4.jpg

ちゃんと内部も塗装されてますね。

LSDJ (Little Sound DJ:ゲームボーイ用音楽製作ソフト) を使った演奏付きのデモムービーが見れますよ。詳細説明も付いてます。



曲名/Dark Passenger
サイドのバネがお気に入りのようです。

デモムービーのパート2です。バックライト仕様はこちらで見れます。



曲名/Armagetdown
ミキサーが新しくなってますね。歯車部分がぐりぐり動くのかなぁとちょっとわくわくしてましたが、どうやら動かないみたいですね。

この作品はオークションサイト eBay に出品したそうです。
$9.99 (約900円) スタートで、$182.5 (約16,500円) で落札されたようです。
110-5.jpg

THRETRIS さんのブログはこちらです。
THRETRIS
この作品や他の作品は deviantART のギャラリーで見れます。
Thretris [deviantART]
デモムービーに使用されていた曲や他の THRETRIS さんの曲はこちらのサイトでダウンロード出来るそうです。無料ダウンロードの曲もあります。
Thretris [ Last.fm ] (日本語サイト)


ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ショートアニメーション『チョコレートのウサギ パルピー』

0108-0.jpg 先日、深夜にフジテレビで『第1回 フジテレビ 短編アニメ大賞』の受賞作品を紹介する番組がやってたのですが ("関東ローカル"とあったので、関東でしか放送してないかもしれません)、その大賞受賞作品です。
ファミコン風のドット絵がかわいいショートショートなアニメーション『チョコレートのウサギ パルピー』です。
制作されたのは専門学校名古屋デザイナー学院の講師をされているトマツ (戸松 義幸) さんという方です。
熱いのと暑いのが苦手なチョコレートのウサギ、パルピーちゃんのショートショートなアニメーションが何作かまとめてあります。
毎回繰り広げられるパルピーちゃんのドロっぷりがかわいい、ファミコン風のドット絵とポップな色彩のアニメーションです。


こちらの作品は「パフォー」というNHKの番組のオリジナルキャラでアニメ!という募集テーマに投稿した作品だそうです。


次の作品はチョコレートのウサギ、パルピーちゃんのおともだち、アイスクリームのウサギ、ラバニーちゃんです。

ちょっとシュール(?)なオチは同じですが、なんとなく見てしまいますw。
制作で苦労したのは音楽だったそうです。鼻歌から作ったそうです。作品を続けて見てたら思わず口ずさんでしまいましたw。

他の作品はこちらで見れます。
ワッチミー!TV:トマツさんのページ
You Tube:トマッチャンネル

今回のフジテレビの短編アニメ大賞は『第1回』とあるので今後も開催されるのだと思います。大賞賞金100万円だそうです。今回は応募作品が500点で1次審査通過作品が20作品でした。その中に以前エントリーした、えぬさんの「ひとりだけの部屋」も入ってました。

他の応募作品は動画サイト「ワッチミー!TV」で見れます。
ワッチミー!TV:フジテレビ 短編アニメ大賞
フジテレビ 短編アニメ大賞の詳細はこちらです。
フジテレビ:『第1回 フジテレビ 短編アニメ大賞』

次の作品はこの賞の佳作を受賞した作品『クレイジーOLアワー エピソード6』です。

制作は原 かおりさんという、「Bean pod」という動画サイトの代表取締役の方です。法人制作だそうです。
ゴールデンエッグスみたいな感じですねー。
こちらで1~5話が見れます。
Bean pod


ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

なんだかクセになる「細胞アニメーション」

アニメーション作家・イラストレーターの水江 未来さんの短編アニメーション作品です。
細胞のようなデザインのキャラたちがうねうねうごめくアニメーションです。
色使いが綺麗でかわいくて、なんだかクセになる作品です。
0107-01.jpg
水江さんの作品はいろいろな国際的なアニメーション映画祭で賞賛されています。

2008年の作品『DEVOUR DINNER』です。
これは@niftyの映像配信サイトのために月に2回づつ発表されていたショートアニメーションをまとめた作品だそうです。
食べたり食べられたりのサバイバルアニメーションです。アヌシー国際アニメーション映画祭2008 入選、第12回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品、他。

動画はその一部分の60秒バージョンです。
■ DEVOUR DINNER -60 second version-


こちらは2009年の作品『JAM』です。
固定した一場面の中で動きと音を次々に重ねていき、グチャグチャな映像世界を構築することを目指して制作されたそうです。
アヌシー国際アニメーション映画祭2009 入選、他。
■ JAM


こちらは2007年の作品『LOST UTOPIA』です。
多摩美術大学の大学院の修了制作として一年半かけて制作されたそうです。
アヌシー国際アニメーション映画祭2007 入選作品、第11回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品、他。

動画はその60秒バージョンです。
■ LOST UTOPIA -60 second version-


こちらは2009年の作品『METROPOLIS』です。
今までの「細胞アニメーション」とは違った感じになってます。
「SICAF 2009」のオープニングフィルムのために制作されたそうです。
方眼紙を用いて基本的に縦横に制限された動きのなかで、移りゆく都市の成長と衰退を抽象的に表現したそうです。
CGで表現しそうなものをアナログで表現することにより、手描きアニメーションの特質を浮きあがらせたいというねらいもあるそうです。NHKデジスタ入選、他。
■ NHKデジスタ #366 入選作品『METROPOLIS』

水江さんの作品はとてもたくさんの賞に受賞、入選、ノミネート、上映されています。
また今年すでに『PLAYGROUND』『MODERN』の2作品を発表されていて、こちらもアヌシー国際アニメーション映画祭ノミネート作品や第13回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品などに選ばれているそうです。

水江さんのサイトでは、他のアニメーションやイラスト、Tシャツデザインなどが見れます。また作品の紹介や受賞歴なども見れますよ。
水江未来ウェブサイト

また、山田悠介著「ブレーキ」と木堂椎著「りはめより100倍恐ろしい」という小説本のイラストも手掛けているそうです。
ブレーキ ブレーキ

山田 悠介
りはめより100倍恐ろしい りはめより100倍恐ろしい

木堂 椎

▶ 追記:動画が削除されていたのでいくつか変更しました。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ハリウッド映画のようなNASAのポスター

0106-0.jpg 本日、日本時間午後7時21分にスペースシャトル『ディスカバリー』がケネディ宇宙センターから打ち上げられる予定です。
クルー7名の中に、日本人女性宇宙飛行士2人目となる山崎直子さんが含まれていることで、日本でも話題になってますね。

チーム名が『STS-131』なんですが、そのクルーを写したNASAの公式ポスターがハリウッド映画のポスターみたくなってます。
106-02.jpg

106-03.jpg 上がその公式ポスターです。
左はインスパイアされたと思われるマイケル・ベイ監督の「アルマゲドン」のポスターです。
ブルース・ウィリスになりきってますねw
右には山崎さんもいます。日本の国旗もちゃんと写ってます。

とても危険な仕事をされている方たちがこういった遊び心のあるポスターを作るって、なんだかいいですねー。

下に他のチームのポスターをいくつか。
映画にインスパイアされてるものも結構ありますね。
以前にも話題になっていたので、見たことあるのもあると思います。

106-04.jpg

106-05.jpg

106-06.jpg

106-07.jpg

106-08.jpg

106-09.jpg

106-10.jpg

106-11.jpg

106-12.jpg

ポスターはこちらで見れます。他にもたくさんありますよ。
NASA-PRODUCTS


▼ Amazon で詳細が見れます



ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

エイリアンVSくまのプーさんな絵本

0105-0.jpg Giant Hamburger (ジャイアント・ハンバーガー) さんという方の作品なんですが、『ALIEN VS. POOH』という設定がとんでもなくて、おもしろい絵本です。
100エーカーの森でプーさんに一体、何が起こったのでしょうか。
サイト内で見られる絵本なんですが、内容がシュールというかなんというかw
絵は画像のような感じですが、本の装丁がステキです。

本のサイズが3種類から選べます。
サイズを選んで、「→」をクリックするとお話が進んで行きます。
絵本はこちらから。
GODXILIARY : ALIEN VS. POOH
0105-1.jpg
プーさんのキャラクター紹介はこちら。
ディズニー:くまのプーさん

おおざっぱなあらすじ。
それは、100エーカーの森でプーさんとピグレットが奇妙な物を発見したことからすべてが始まりました。
プーさんなので、思った通りの結果となります。
プーさんの顔にはフェイスハガーが。
助けを求めてラビットやオウルに相談に行くのですが、そのかいもなく、家に帰って寝て治すよう言われたプーさん。
たくさんの夢を見ました。奇妙なものすごい夢を。いつのまにかフェイスハガーは外れていました。
一方、ロバのイーヨーに新しい尻尾が。それはフェイスハガー。
トラブルから解放されたプーさんは朝の散歩に戻ることが出来ました。
しかし、プーさんのお腹に異変が…。
0105-2.jpg
カンガのお腹にいるルーがいないことさえ気付かないくらい、楽しい仲間となったプーバスター。
エイリアンと化しひっそりと、食べられたいと願う誰かが来るのを待つイーヨー。
合間に挿まれるねずみ頭の王女と国王のお話し。国王に見放された王女はアートスクールに送られてしまいます。
森の卵が原因と気がつき火で森を一掃するプーさん。
ティガーのためにすべきことをしているティガー。
何かがプーさんの背中に着弾。ピグレットの顔がっ。
そしてティーパーティーが開かれます。そこに現れたのはなんとっ…。
そして再び、おやすみの時間…。明かされる新事実がっ。

という感じのなんかめちゃくちゃなんですけど、おもしろい絵本ですよ。

絵本はこちらから。
GODXILIARY : ALIEN VS. POOH


アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。