ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

2009年 - 今年一番心に残ったこと『La Machine』

2009年、今年ももうすぐ終わりです。
しちごろが今年一番心に残ったことは、横浜開港150周年記念の開国博Y150のプレイベントで『 La Machine (ラ・マシン) 』の2匹の巨大蜘蛛型機械人形『 La Princess (ラ・プリンセス) 』の市街パレードを見に行ったことです。
29-1.jpg
ラ・マシンはフランソワ・ドゥラロジエール(Francois Delaroziere)が劇団ロワイヤル・ド・リュクスやショーの技術者などのクリエーター達と1999年に立ち上げた会社です。
29-2.jpg
ラ・プリンセスは、ラ・マシンが2008年に初めて発表した『 Les Mecaniques Savantes (レ・メカニック・サヴァント) 』(博識な機械) という巨大人形達を動かすパフォーマンスの代表作です。
29-3.jpg
そのレ・メカニック・サヴァントのパフォーマンスを、横浜で披露したのです。
まさか、日本に来るなんてっ。しかもだいぶ長い距離をパレードするなんてっ。
29-5.jpg
こんな巨大なオブジェが信号機をまたいだりして、街を歩いているのを見れるなんてっ。
興奮しまくりでした。本当にすごかった。

ちょっとエクトール・ギマール風のゴンドラに乗った楽団の生演奏がとても合っていて、大掛かりな大道芸といった感じでした。

天気も良く、ときおり吹き出す水がかかったりなんかして、こんなにわくわくしたのも久しぶりでした。

29-6.jpg
甲殻のフォルムといい、操縦席の作りといい、ホースやコードの下がり具合いといい、とってもとっても素敵です。
29-7.jpg
プレイベントのパフォーマンスはストーリーがあり、3日間かけて行われました。水中から引き上げたり、火が吹いたり、ライトアップされたり、壮大でした。
29-4.jpg
ラ・マシンは他にも象や少女などの人形達のパフォーマンスを披露しています。
他の人形達も見てみたいです。
サイトはこちらから。
LA MACHINE

今年は、このブログ『 しちごろく 』と『 shichigoro.com 』のサイトを開設できました。
見て頂いてる皆様、しちごろを応援してくださる皆様、本当にありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。それでは良いお年を◎



ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

リヨン光の祭典『Fête des Lumières à Lyon』

毎年12月8日にフランスのリヨンで催される『Fête des Lumières à Lyon』(フェット・デ・リュミエール:Lyon Festival of Lights)です。
0028-01.jpg
壮大で芸術的なイルミネーションのお祭りで、街中が幻想的にライトアップされます。
また道路や広場など、いろいろな所でたくさんのアーティストのイルミネーション作品が展示されています。
0028-02.jpg ペストが流行った時、リヨンの人々がフルヴィエールの丘にある教会のマリア像に祈りを捧げたところ、流行が治まったそうです。

19世紀中頃に200周年を記念して、金のマリア像が捧げられ、その除幕の式典が行われました。
もともと、聖母マリアの誕生日の9月8日に除幕式をする予定だったのですが、河の増水のため、12月8日(無原罪の聖母の祝日)に延期されました。

しかし、その日も嵐が起こり、延期しそうだったのですが、夕方に嵐が治まったため、人々がろうそくを持ち寄り、お祝いを始めたそうです。
それがこの光の祭典の始まりだそうです。

最初はフルヴィエールの丘に面した窓にろうそくを灯し、感謝を捧げていたそうですが、今では観光誘致もかねて、時間を決めて街の灯りを消し、ノートルダム聖堂をはじめとした建物をライトアップし、各家庭ではろうそくを灯し、幻想的な光の祭典が行われています。

今年は12月5日から8日までの4日間行われました。
広場や道路などではアーティスト達の作品が展示されています。
0028-03.jpg

こちらは今年の光の祭典の映像です。
■ Lyon - Fête des Lumières 2009 (5D mark II)

■ Lyon Festival of Lights, psychedelic! (2009)


Fête des Lumières à Lyon のサイトです。
www.fetedeslumieres.lyon.fr
こちらでいろいろ写真が見れます。
Lyon, Fête des Lumières [flickr]

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

中身を解読するグラス『Cipher』

カラフルなドットが無数に描かれたグラスがあります。一見、普通のグラスに見えますが、これに飲み物を入れるとどうなるでしょうか...。
0027-01.jpg
なんと飲み物の名前が現れました。それぞれ「ORANGE」「MILK」「COCACOLA」という文字が見えます。
0027-02.jpg
これはセルビア共和国ベオグラードのデザイナー Damjan Stanković さんがデザインしたドリンクグラス『Cipher』です。

中身の色と同じ色の部分が同化し、抜けて見えるのを利用していて、とてもおもしろいですね。
まさに暗号のようです。
0027-03.jpg

0027-04.jpg

0027-05.jpg
Damjan Stanković さんのサイトです。他にユニークなデザインの作品が見れますよ。
relogik.com

でも「ORANGE」はマンゴーとか「MILK」はのむヨーグルトとか「COCACOLA」はペプシとかコーヒーとかでも同じになっちゃいますねw

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

太陽の光を集める『Sun Jar』

「太陽の光をジャムポットの中に集めて夜になったらその光を使おう」というコンセプトで作られた、ソーラー発電LEDライト『Sun Jar』です。
0026-01.jpg
昼間太陽光で充電させて、暗くなると自然に灯りがつきます。
オレンジ色の光が曇りガラスによって、ほんのりと優しい感じになり、名前の通り、まるで日だまりをジャムポットに集めたようです。
こちらは以前、「塩とこしょうを運んで来てくれるかわいい子達」のエントリーでご紹介したロンドンのデザイングッズを製造・販売している会社 suck uk の商品です。

デザイナーはコンセプチュアルな作品を手掛ける Tobias Wong さんです。
イギリスのギフトオブザイヤー2007、エコギフト部門を受賞しているそうです。
贈り物に喜ばれそうですね。
0026-02.jpg
ポットの中にはソーラーパネルと充電池とLEDライトがあり、ふたを開けてスイッチを入れるとセンサーが作動し、明るくなると充電を開始し、暗くなると自然発光します。
充電時間は約5時間です。
また防水加工されていて、野外でも使用可能です。キャンプや災害時にも活躍しそうですね。
0026-03.jpg
他にも、月の光やトワイライトをイメージした青い光の、「Moon Jar」と夕暮れのイメージなピンクの光の「Twilight Jar」もあります。
0026-04.jpg
コンセプトがかわいくて、環境にやさしく実用性もあり、素敵なグッズですね。
0026-05.jpg
■ Sun Jar

suck uk のこの商品の詳細ページです。
Sun Jar [suck uk]
suck uk のサイトです。
suck uk
Tobias Wong さんのサイトです。
brokenoff.net

楽天やAmazonでも取り扱っているショップがあります。
中央と右の1台で2色のは、suck uk の商品ではなく、中国製の類似品のようですが価格は少し安いです。
楽天で「sun jar」で検索すると、類似品も含め他にもあると思います。
楽天市場

夜に輝くソーラーライト/Sun&Moon Jar(1台で2色の光)サン&ムーンジャー サンジャー
夜に輝くソーラーライト/Sun&Moon Jar(1台で2色の光)サン&ムーンジャー サンジャー

楽天市場 Amazon

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

制作費3万円のYouTube動画が30億円で契約

南米ウルグアイ共和国の YouTube ユーザーの Federico Alvarez さんが、制作費300ドル(約3万円)で作られた5分弱のショートフィルム『Ataque de Pánico! (Panic Attack!)』です。
0025-01.jpg
この動画を YouTube にアップすると、1週間もしないうちに、ハリウッドスタジオからのメールで受信箱がいっぱいになったそうです。
それから入札合戦が続き、その中から彼が契約したのは、あのスパイダーマンで有名なサム・ライミ氏のスタジオ Ghost House Pictures
なんと契約金が3000万ドル(約30億円)だそうです。
Ghost House Pictures は「THE JUON/呪怨」やPS2の人気ゲーム「SIREN」の映画化契約をしたスタジオです。

作品は、モンテビデオ(ウルグアイの首都)が巨大なロボット達に侵略され、街を破壊されるという内容です。3万円で作ったとは思えないほど、見ごたえのある映像ですよ。
■ Ataque de Pánico! (Panic Attack!) 2009

今後出来る映画は、この作品の長編ではなく、1から作り直すようです。
アルゼンチンとウルグアイを舞台にしたSFスリラーということです。
詳細はこちらです。(英語記事です)
From Uruguay to Hollywood: Watch the Video [Yahoo! movies]

Federico Alvarez さんの他の作品です。

こちらは、上の作品をベースにして作られた、SNAKE というバンドのミュージックビデオ『Ataque de Pánico!』です。
■ Ataque de Pánico! 2009 / SNAKE: Video Clip


こちらは、モンテビデオの近未来を描いた作品『Montevideo 2056』です。
■ Montevideo 2056

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ネバダの砂漠に現れた巨大サークル

このミステリーサークルのような巨大な円は、直径が3マイル (約4.8km) 、円周が9マイル (約14.4km) もあります。
まわりの山などと比べると、その大きさがとてつもなく大きいのがわかりますね。
0024-01.jpg
アメリカ、カリフォルニア州サンタクルーズ出身のアーティスト Jim Denevan さんの、世界で最も大きなサンドアート作品です。
0024-02.jpg
砂漠を横切ってサンフランシスコに向かう飛行機の乗客から歓声が上がったそうです。
飛行機の窓からこんなのが見えたらビックリですよね。

0024-03.jpg この作品は今年の5月頃、強烈な砂漠の昼間の暑さと夜間の寒さに耐えながら、Jim Denevan さんと他3人のチームによって、15日間もかけて作られたそうです。

巨大な円の部分は、直径6フィート (約180cm) もある鎖の柵をロール状にしたものをトラックで引きながら回り、描いたそうです。
また正確な円を描くためにGPSを使って、座標をとったそうです。

こちらはカリフォルニア州オークランドの映像作家 Peter Hinson さんが、リフトや飛行機を使ってこのサンドアートを撮影した映像です。
■ Brochure


Jim Denevan さんは他にも数多くのサンドアートを作られています。
波で消えてしまってますが、それがまた素敵な感じになってます。
0024-04.jpg
0024-05.jpg
Jim さんの次のプロジェクトは南極だそうです。いったいどんな作品になるのでしょうか。

Jim Denevan さんのサイトです。他の写真も見れます。
jimdenevan.com

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

組み立てキット『CAT PLAYHOUSE』

23_1.jpg
飼い猫がこんな乗り物で遊んでいたら、かわいいですね。
これは、以前紹介した『 suck uk 』で販売されている、キャットハウスです。
飛行機、消防車、戦車の3種類あります。
カードボードで出来ていて、組み立てはとても簡単そうです。
YouTube に組み立て方の動画もそれぞれあります。下は飛行機バージョンです。

23_2.jpg

▼遊んでいるネコちゃんの動画です。


▼サイトでは、下のような購入者の方から送られた写真も紹介しています。
23_3.jpg

その他の写真はこちらで見れます。
CAT PLAYHOUSE





ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

素敵な世界観のクリックゲーム『Machinarium』

チェコのクリエーター Jakub Dvorsky さんと Amanita Design が制作されたクリックゲーム(脱出ゲーム)『Machinarium』(マシナリウム) です。
0022-01.jpg デモ版が無料で遊べるのですが、世界観がとても素敵で、おもしろいですよ。
▼ 追記
フルバージョンのiPad2版のアプリが出たためか、このエントリーにアクセスを多く頂いています。なので簡単ではありますが、遊び方を少し追加するなど一部修正しました。
アプリのダウンロードはこちらです。(※カスタマーレビューにもありますが、こちらはiPad2版でiPadではバグがあるようなのでご注意ください。)
Machinarium [iTunes]
またWin・Mac版で、PLAYISM さんから日本語版が発売されています。
マシナリウム [PLAYISM]
▼ 2012.4.21 追記
Amanita Design の新作ゲーム『Botanicula』が出ました。4月22日(日)まで PLAYISM さんで『Botanicula』『マシナリウム(日本語版)』『マシナリウムサウンドトラック』『オサダ』がセットになった「Amanita Design パック 20%オフ」やってます。
Amanita Design パック [PLAYISM]
新作『Botanicula』のエントリーはこちらです。
樹を救うため旅に出た小さな5人組の冒険ゲーム『Botanicula』


Machinarium は Jakub Dvorsky さんのスタジオ Amanita Design が制作した新作です。
Jakub Dvorsky さんが学生時代に作られた作品で『Samorost』(サモロスト) というクリックゲームがとても有名です。(Samorost については下の方にあります)
Samorost は背景が、写真を使ったコラージュでしたが、この Machinarium はすべて手描き風で、Samorost とはまた違った、とってもかわいい世界観になっています。
0022-02.jpg
Amanita Design のサイトで、デモ版は無料で遊べます。
「Play Free Demo」をクリックするとデモ版のゲームスタートです。(途中でやめた場合、同じPC環境であれば「Resume」でやめたステージの最初から始められます。)

0022-03.jpg デモ版のゲームはこちらです。
Machinarium

今日までクリスマスパックとして、有料版の Machinarium と Samorost2 のパックが60%OFFになってました。

※ここから遊び方を簡単に書いてます。ネタバレ注意してください。
0022-04.jpg
0022-05.jpg
デモ版では3ステージまで遊べます。

画面のどこかにクリック出来る場所がいろいろあるので、それを探し順番にクリックして、主人公のロボットや物を動かし、お話を進めて行きます。
最初に飛行船からロボットの体とかがバラバラ落ちて来ます。
体や頭をクリックしたりしてロボットが動けるようにします。
0022-06.jpg
0022-07.jpg ロボットの体は伸ばしたり縮めたり出来ます。状況に合わせて使い分けます。

アイテムをクリックすると、画面の上(iPad2だと下)に出るバーに保管されます。
使う時はアイテムをクリックすると動かせるので、使う場所に持って行ってクリックします。
またアイテムを組み合わせて使うこともあります。
ひとつクリックして動かし、合わせたいアイテムの上でクリックすると組み合わせることが出来ます。
0022-09.jpg
Samorost ではほとんどヒントがなく、クリアするのが結構難しかったのですが、このゲームは移動出来る場所に触れるとロボットの足形のマークや矢印が出たり、吹き出しで次にやるべきことがわかったり、ヒントを見ることが出来ます。
0022-08.jpg
ロボットや登場するキャラクターなどをクリックすると、吹き出しで何を求めているか出たりします。

またアイテムバーの右側に電球と本型のアイコンがあります。電球が光っている時はクリックすると吹き出しのヒントが出ます。
0022-10.jpg
どうしても行き詰まってしまった時は、本型のアイコンをクリックしてミニゲームをクリアすると攻略法を見ることが出来ます。
こちらはシューティングゲームになっていて、画面右にある丸ボタンでゲームがスタートします。三角ボタンで鍵を上下に動かし、丸ボタンで敵を打ちます。
0022-11.jpg
敵や障害に当たらないようにしながら、鍵穴まで行くとイラストで説明してる攻略ページが見れます。
敵や障害が少ない時もあるので、失敗しても何回かやればクリアは出来ると思います。

攻略ページは、ミニゲームを開いた時にいるステージ内で出来ることしか見れません。
他のステージと行き来する場合は、他のステージでもミニゲームをして攻略ページを開くことになります。
行き来しながらミニゲームを何度もするのは大変なので、一度攻略ページを開いたら、スクリーンショットや写メで撮っておくと便利ですよ。

こちらはフルバージョンのゲームをプレイしている動画です。攻略の参考になりますが、ネタバレ注意です。関連動画で辿って行けば、最後まで見れると思います。(Part8まであります)
デモ版はこのPart1で全部見れます。
■ Machinarium Walkthrough 720p HD Part 1


フルバージョンのトレーラーです。他のステージも素敵です。
■ Machinarium Trailer

machinarium (輸入版)
machinarium
(PC版・輸入版)

Amazon
自分もアプリで全ステージクリアしましたが、他のステージやキャラクターもかわいくていろいろ素敵で、とってもおもしろかったです。

デモ版のゲームはこちらです。
Machinarium

アプリのダウンロードはこちらです。
Machinarium [iTunes]

PLAYISM さんの日本語版はこちらです。
マシナリウム [PLAYISM]

Samorost1』(左)と『Samorost2』(右)もとてもかわいくて、おもしろいですよ。
0022-12.jpg
0022-13.jpg Samorost1 は最後まで遊べますが、Samorost2 はデモ版なのでサイト内で遊べるのは途中までです。
でもステージも多く、とても楽しめますよ。

ゲームはこちらから。
Samorost1
Samorost2
Amanita Design では他にもかわいいゲームがあります。
「Games」というタグをクリックすると紹介されていますので、見てみてください。
amanitadesign.com

Amanita Design の新作ゲーム『Botanicula』のエントリーはこちらです。
樹を救うため旅に出た小さな5人組の冒険ゲーム『Botanicula』

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

パンダが眠ったままでんぐり返し

ジャイアントパンダが眠ったままでんぐり返ししてます。

うとうと・・・むにゃむにゃ・・・こっくり こっくり・・・あっ
21-01.jpg
あ、あたまがぁ・・・ぶにって・・・かわいい・・・ごろんっ
21-02.jpg

とってもかわいいですね。パンダの名前は Tai Shan (泰山)くん4歳。

この写真の記事はこちら。このあとの続きの写真も見れますよ。
Head over heels! The Giant Panda who did a roly-poly in his sleep

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ヨガ猫カレンダーが大人気

海外ではクリスマスに来年のカレンダーを買う人が多いようですが、今年は『 YOGA CATS 』という、猫がヨガのポーズをしているカレンダーが大人気だそうです。
19-1.jpg
プロのカメラマンのダン・ボリス (Dan Borris) さんと奥さんのアレハンドラ (Alejandra) さんが、本物の猫を写真に撮り、Photoshop で加工して作製したそうです。
猫は家族や友人に借りて、奥さんが猫を上手にあやして、実際にこの写真に近いポーズを作り、ダンさんが写真を撮ります。
後はダンさんがパソコンに向かって、まるで本当に猫がヨガをしているかのような加工を施します。

猫は普通に体を舐めたり、じゃれたりしててもヨガしてるみたいなポーズをしますよね。
なので、ポーズをつくるのはそんなに大変ではなかったようです。
苦労したのは。猫がカメラのフラッシュにビックリしてしまうことだったそうです。
19-2.jpg
実際は床にゴロゴロしているのでしょうけど、足もとに影を付けたりして、本当に立っているように見せてるんですね。
猫達にはもちろん名前があり、ウェブサイトでは名前入りの写真を公開しています。
表紙も入れて13匹。それぞれにファンもいるようで、アイドルカレンダーみたいですね。
可愛いですね。
19-5.jpg 19-4.jpg
   YOGA CATS 2010 Calendar

「 猫より犬派 」という方に。『 YOGA DOGS 』もあります。
19-3.jpg
猫よりちょっと体勢が不自然なのもありますが、こちらも可愛いです。
小型犬の可愛さは猫と同じような感じなのですが、大型犬がポーズをつけてるのは、何ともまた違った可愛さですね。ちょっと笑ってしまうような。でもかわいい。
19-7.jpg 19-6.jpg
   YOGA DOGS 2010 Calendar

Yoga Cat や Yoga Dog ヨガ猫、ヨガ犬などで、画像検索や動画検索すると、下のような、いろいろなネコちゃんワンちゃんのかわいいポーズが見れます。
結構流行ってるみたいです。
それにしても、かわいいネコちゃん動画を見出すと止まらなくまってしまいますね。
19-8.jpg

yogadogz.com のウェブサイトでは全部のネコちゃんワンちゃんが見れます。
ページにサムネイルがあるので、見たいネコちゃんワンちゃんをクリックすると、画像が大きくなりますよ。
このカレンダーも最初は犬だったのか、ウェブサイトでは2009年のカレンダーのワンちゃん達も見れます。

YOGA CATS 2010 ⇒ Meet The 2010 Yoga Cats
YOGA DOGS 2010 ⇒ Meet The 2010 Yoga Dogs
YOGA DOGS 2009 ⇒ Meet The 2009 Yoga Dogs


Yoga Cats 2010 Calendar (Wall Calendar) Yoga Cats 2010 Calendar
(Wall Calendar)

(2009/08)
Dan Borris
Amazonで商品詳細を見る
Yoga Dogs Calendar (Wall Calendar) Yoga Dogs Calendar
(Wall Calendar)

(2009/08)
Dan Boris
Amazonで商品詳細を見る

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ピカソの名作『ゲルニカ』を3Dで探検

スペインの画家、パブロ・ピカソの名作として知られている、反戦のシンボルであり続ける『 ゲルニカ 』。その名作を3D映像で再現し、絵の中を探検する動画です。
18-01.jpg
スペイン内戦(マヌエル・アサーニャ率いる左派の人民戦線政府とフランシスコ・フランコを中心とした右派の反乱軍の戦い)中の1937年4月26日、スペイン北部、バスク州の小都市ゲルニカが、フランコ将軍を支援していたナチスによって、史上初の都市無差別空爆を受けました。

その時パリに滞在中だった、ピカソはその報せを聞き、たくさんの死傷者が出たことに心を痛めました。

暴力に対する深い怒りを込めて、人民戦線政府により依頼されていた、同年5月25日開催のパリ万国博覧会スペイン館の壁画として、急遽この作品に取り組み、6月4日に完成させました。
縦349.3cm、横776.6cmの大作なのですが、キャンバスにペンキで描いたため、油彩よりも乾きが早く、1ヶ月あまりという短期間で完成したそうです。
18-02.jpg
死んだ子供を抱きかかえ泣き叫ぶ母親、折れた剣を手にして倒れた兵士、いななく馬、足を引きずる女、両手を突き出し天に叫ぶ女など、戦争の悲惨さを描いています。
あえてモノクロで描いて血の色を見せなかったことが、かえって効果的に作用しています。

▼このピカソの『 ゲルニカ 』を3Dで再現し、中を探検する動画です。


キュビズム(Cubism・いろいろな角度から見た物の形を1つの画面に収める、というピカソらが創始者となった現代美術の手法)が3D化するというおもしろい作品です。
兵士の顔、死んだ子供や泣き叫ぶ母親、奇妙な牛、倒れた兵士の手や顔、馬の顔など、アップで見るとすごい迫力です。
ちゃんと裏側まで作られていますね。直線部分の壁や背景なども立体感をだしています。
テクスチャが木目のような感じにも見えるので、こういった彫刻作品があるかのようです。

ラストが、とても素敵な終わり方をしてますよ。



ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

星の大きさを比較

0017-0.jpg YouTube に星の大きさを比較している動画がたくさんあります。その中から、CGがとても奇麗でメッセージをつけて説明している、YouTube ユーザーの morn1415 さんという方が作った『Star Size Comparison HD』という動画です。
星の比較は月から始まって、現時点で知られている最大の恒星、おおいぬ座の VY星までを紹介しています。

▼HDなのでPC環境によっては少し重いかもしれません。ご注意ください。


とても奇麗なCGで、浮遊感があります。
地球の小ささに驚きます。太陽は大きいですね。いきなりどんっと大きくなりました。でもその後はどんどん大きい星になって行きます。
太陽がこれらの星のように膨張していくと、地球や太陽系の惑星はどんどん巻き込まれてしまうのでしょうね。
赤い星はほとんど同じ感じですね。
天王星がありませんが、作者が、大きさが海王星と同じくらいなのと、表面が退屈なので省いたそうです。うずうずとかなくてのっぺりしてるからでしょうか。
それにしても、宇宙ってなんだか、考えているとちょっと怖くなりますよね。
でもやっぱり、地球は奇麗ですね。


↓ 参考までに。

Let's talk about size.
大きさについて話しましょう。

How big are the objects floating in our Universe, and how big can they get?
宇宙に浮かぶ物体で、大きさがわかるものでどのくらいの大きさでしょうか。

Enjoy the following comparison, starting with quite a "big" object, our own moon.
月から始まる、とても『大きい』物体の比較を楽しんでください。

17-2.jpg
▲ 左から
【 Earth Moon 】月
【 Mercury 】水星
【 Mars 】火星
17-3.jpg
▲ 左から
【 Venus 】金星
【 Earth (You are here) 】地球(ここにいます)
【Neptune】海王星
17-4.jpg
▲ 左から
【 Saturn (without rings) 】土星(リングなし)
【 Jupiter 】木星
↑<Planets|Stars>↓ ↑< 惑星|星 >↓ (・・・惑星はここまで。)
【 The Sun (our own star) 】太陽(太陽系の星)
17-5.jpg
▲ 左から
【 Sirius A 】シリウス(おおいぬ座のα星)
【 Pollux (Orange Giant) 】ポルックス(双子座のβ星)
【 Arcturus (Red Giant) 】アークトゥルス(牛飼い座の α星)
17-6.jpg
▲ 左から
【 Aldebaran (Red Giant) 】アルデバラン(牡牛座の α星)
【 Rigel (blue Supergiant) 】リゲル(オリオン座の β星)
【 Pistol Star (Blue Hypergiant) 】ピストル星(・・・2004年に LBV 1806-20 が発見されるまで、観測された銀河系の恒星の中で一番明るいとされていた。)
17-7.jpg
▲ 左から
【 Antares A (Red Supergiant) 】アンタレス(蠍座の α星)
【 Mu Cephei 】ケフェウス座 μ星(・・・ガーネット・スターとも呼ばれている。)
【 VYCanis Majoris (Red Hypergiant) 】おおいぬ座 VY星
<largest known star> 現在知られている恒星の中で最も大きい星


Size of Earth
地球の大きさ

This star has a diameter of about 2,800,000,000 Km. How can you imagine this size?
この星の直径は、約2,800,000,000kmもあります。この大きさが想像出来ますか?

Think of a passenger airplane flying along the surface of this star at 900 km/h.
この星の表面に沿って、時速900kmで飛ぶ旅客機を考えてください。

It would take 1100 years! to circle it one time!
一周するのに、1100年もかかります!

Yet it is only a tiny dot among -several hundred billion stars- forming our galaxy.
しかし、この星も銀河系を構成する何千億もの星の小さな点にすぎないのです。

And there are -a hundred billion galaxies- out there!
そしてこの外側にはさらに何千億もの銀河系があるのです。

No, you are not the center of the universe!
あなたが宇宙の中心ではないのです!


ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ウェス・アンダーソン監督 最新作『Fantastic Mr.Fox』

0016-0.jpg しちごろの大好きな映画監督のひとり、ウェス・アンダーソンの新作映画『Fantastic Mr.Fox』です。

今回は初となるストップモーションアニメ(コマ撮り)のパペットアニメーション(人形アニメ)に挑戦されたそうです。
ウェス・アンダーソン監督は『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』や『ダージリン急行』などのスタイリッシュでちょっとシニカルなコメディータッチの作品を製作しています。

0016-3.jpg 原作は、『チャーリーとチョコレート工場』の原作者で、数多くの風変わりな児童文学を手掛ける、ロアルド・ダールの『父さんギツネバンザイ』です。

ウェス・アンダーソン自身も彼の大ファンで児童文学以外の彼の著書も、いろいろ読んでいたそうです。

その原作をアンダーソンが脚色して話をふくらませ、「ウォレスとグルミット」のトリスタン・オリヴァーが撮影を手掛け、独特のスタイリッシュなウェス・アンダーソン作品として出来上がったのが『Fantastic Mr.Fox』(ファンタスティック・ミスター・フォックス)。

0016-2.jpg ひとつひとつ丁寧に手作りされた人形は、瞳や毛など細かく動く精巧さなのに、ハンドメイド感の温かみがあります。

また相変わらず、色彩と選曲のセンスが抜群で、ウェス・アンダーソン独特の映像美と音の世界に引き込まれてしまいます。

予告編です。映像すごいです。
FANTASTIC MR. FOX - Official Theatrical Trailer


声優は、オーウェン・ウィルソン、ジェイソン・シュワルツマン、ビル・マーレイといったウェスファミリーはもちろんのこと、ジョージ・クルーニー、メリル・ストリープといった豪華なメンバーです。
0016-6.jpg モグラのピアニストが「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディだったり (ダージリン急行にも出演していましたが)、配役もちょっとおもしろいです。

ウェス自身と弟のエリックも声を担当しています。

音声を録る時、本当に俳優達が駆け回りながら演技をしていたそうです。普通にブースで録音するのとの最大の違いは、アクシデントが起きることだそうです。

イギリスの田舎が舞台です。
ミスター・フォックス (ジョージ・クルーニ) は最愛の妻 (メリル・ストリープ) と息子の子ギツネ (ジェイソン・シュワルツマン) と地下の穴蔵で平和に暮らしていましたが、引っ越しをすることにしました。
0016-1.jpg
新居のブナの木はとても眺めが良く、意地悪な3人の農場主の鳥小屋が見え、たまらず相棒を誘って鳥小屋を襲ってしまいます。

農場主達は激怒して、大掛かりなきつね狩りを始めます。

しかし、賢いミスター・フォックスは妻と子供を守るために、機転を利かせ人間達の裏をかいて仕返しをします…というお話です。

原作にはないのですが、豪快で万能な父親に認められたい息子が、優秀な従兄弟と張り合う…というウェス・アンダーソンが他の作品でも描いてきたテーマ、父親と息子の関係も描かれ、作品をより盛り上げています。

0016-4.jpg ロンドンのGAPや、ニューヨークの高級百貨店バーグドルフ・グッドマンなどのショーウィンドウにも、このパペット達が展示されていたようです。

日本でもそのうち展示されるでしょうか。

『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』では、オーウェン・ウィルソンと共にアカデミー賞脚本賞にノミネートされました。
今回、2年もの歳月を掛けて製作されたこの映画は、第82回アカデミー賞長編アニメ賞のノミネート対象作品に選ばれたそうです。
正式なノミネート作品にも選ばれるといいですね。
日本公開が楽しみです。

※追記:2011年3月19日(土) シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー
日本の公式サイトです。
映画『ファンタスティックMr.FOX』公式サイト

オフィシャルサイトも今回もとっても素敵です。ここでも、アンダーソン色いっぱいです。
Fantastic Mr.Fox
0016-5.jpg
ダージリン急行のDVDサイト。これもとっても素敵です。
The Darjeeling Limited DVD
ダージリン急行のオフィシャルサイトです。
日本語オフィシャルサイト
オフィシャルサイト

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

ノルウェー上空に巨大な渦巻きの発光体が出現

0015-0.jpg 巨大渦巻きからビームが出ているようなこの画像は、CGではないんです。
9日朝8時頃、ノルウェー上空に青緑の光が現れ、それがぐるぐる旋回し、巨大な渦巻きになって、中央から青い光が地上に向けてのびていたそうです。
同国の宇宙局には問い合わせが殺到し、テレビ局ではたくさんの目撃情報、携帯で撮った写真や動画が殺到し、YouTubeも大騒ぎで、UFOや超常現象説はもちろんのこと、異次元への入り口説、中には、翌日開かれるノーベル平和賞の授賞式でオバマ米大統領が訪問するため、それに関連しているのでは説まで飛び交ったそうです。

15-1.jpg

15-2.jpg

15-3.jpg

▼ニュース番組の動画です。


実際は、ロシア軍のミサイルの発射テストの失敗のようです。燃料切れになったミサイルが旋回しながら落ちているそうです。
ノルウェーの近くの白海で、ロシア海軍が新型潜水艦発射弾道ミサイル (SLBM)『ブラバ』の発射実験を行っていたそうです。今回を含む12回の実験のうち、7回失敗しているそうです。
ロシア国防省は、発射テストの事前警告もしていて、ミサイルを潜水艦から発射して、失敗したことも認めたそうですが、この光との関連性にはふれていないようです。
15-4.jpg
上の画像のように、ミサイル発射実験の失敗で、空に不思議な光が残ることはよくあるそうです。今回は朝8時でも、ノルウェーではまだ日が昇っていなかったので、光がよくみえたようです。

中国でも1988年に同じようなことがあったようです。光の形状がそっくりです。

日本もテポドンの脅威にさらされましたが、事前情報がなく国民の知らないところでミサイル実験が頻繁に行われているのは怖いことですね。
翌日のオバマ米大統領の「正しい戦争」演説も賛否両論でしたが、本当に何か関連があるのでは、とちょっと思ってしまいますね。
『核兵器のない世界』は本当に訪れるのでしょうか。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

とんでもなく壮大なスケールの映画の『予告編』

0014-0.jpg You Tube ユーザーの Vadoskincheg さんという方が作られた『Trailer Cut - Volume 1』という、ものすごい映画の『予告編』です。

50もの映画の予告編を使って新しい一つの映画の予告編にしてしまったそうです。
地球を襲う宇宙からの侵略者、世界征服をもくろむ悪の組織、壊滅的な地球環境の危機、などなど盛りだくさんの絶望的な状況に、地球を救おうとヒーロー、魔法使い、勇敢な人々たちが立ち向かう、かつてない壮大なスケールの映画となっております。

おもしろい発想です。本編は2時間や3時間では収集つかなそうですねーw。
映画好きの方は何の映画のシーンか全部わかるよ、なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

何回も地球が滅亡の危機にさらされてしまってます。大変だ~
「Volume 1」ということは2も作られる予定なんでしょうか。

使用された映画はこちらです。
アンダーワールド ビギンズ、パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々、バビロンA.D. 、ノウイング、シャーロック・ホームズ、デスレース、ゲスト、マックスペイン、ワイルドスピード、G.I.ジョー、ミッドナイト ミート トレイン、REC: レック/ザ・クアランティン、2012、ニンジャ・アサシン、ニュームーン/トワイライト・サーガ、ホワイトアウト、ファイナル・デスティネーション、デイブレイカー、ウィッチマウンテン 地図から消された山、月に囚われた男、イングロリアス・バスターズ、THE BOX、オブ・セッション 歪んだ愛の果て、13日の金曜日、スター・トレック、ターミネーター4、トランスフォーマー/リベンジ、ハリー・ポッターと謎のプリンス、ウォッチメン、ドラゴンボール・エボリューション、ザ・スピリット、フェーズ6、バンコック・デンジャラス、第9地区、サロゲート、ザ・ウォーカー、ミラーズ、ハプニング、ウォンテッド、NA IGRE、ソロリティー・ロウ、ファイティング、ザ・ロード、天使と悪魔、ジェニファーズ・ボディ、地球が静止する日、スモーキング・ハイ、鮮血の美学 The Last House on the Left、エクトプラズム 怨霊の棲む家、シャッター アイランド

結構ホラー好きな方のようですね。あんまりホラーって見ないのでわからないのが多いです。SF系は結構見てたり、見たいのだったりがありますねー。

ブログ引っ越しました。このページは新しいブログに自動で転送されます。
もし転送されない場合は、下記リンクから移動して下さい。
http://7goroc.net/

短編アニメーション『Monsieur COK』

0013-0.jpg Frank Dion さんという方が2008年に制作したアニメーション『Monsieur COK』です。
「Monsieur COK」はフランス語なのですが、「Mr.COK」という意味です。

スチームパンクな雰囲気もあるアニメーションですよ。
0013-1.jpg
COK氏は、大きな爆弾工場の所有者です。
彼は効率と利益を期待し、従業員の代わりに精巧なロボットを導入することにします。
元従業員達はせっせと働くロボットを寂しそうに見つめています。
しかしその中の一人は、そう簡単に解雇されることを受け入れません。

といった感じのお話しなのですが、言葉はあまり出て来ないので、なんとなく内容はわかると思います。
Monsieur COK』です。

現代社会を皮肉っているところもあり、今後の世界に対しての警鐘を含んでいるのかもしれません。
キャラクターも個性的で、全体的にスチームパンク的な雰囲気があり、細かいところまでよく描かれています。映像を見ているだけでも印象深い作品です。
とてもおもしろいです。
0013-2.jpg
こちらから、サイト内の同じアニメーションが見れます。奇麗な画像で見たい方はこちらをどうぞ。PC環境によっては少し重いかもしれませんので、ご注意ください。
Monsieur COK

公式サイトはこちらです。
www.monsieurcok.com


アート・デザイン・映像など 気になるモノを集めてます。

home page top ↑ page middle page bottom ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。